読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

正しい眠り方

正しい眠り方

正しい眠り方

作家
友野なお
出版社
WAVE出版
発売日
2017-10-16
ISBN
9784866210780
amazonで購入する Kindle版を購入する

「正しい眠り方」の関連記事

「睡眠=単なる休息」ではない! 睡眠負債をためずに脳パフォーマンスを上げる、正しい眠り方

『正しい眠り方』(友野なお/WAVE出版)

「いつも頭がボーっとする」「寝つきが悪い」「生産性が低い」といった悩みが解決できる、最新科学に基づいた“睡眠スキル”を紹介する『正しい眠り方』が、2017年10月16日(月)に発売された。

 正しく眠ると、昼間が変わる。「睡眠」=「単なる休息」ではなかった。同書は一流の人がすでに始めている、最新科学に基づいたスリープマネジメント入門書の決定版となっている。

 日本は世界の中でも1、2を争う「睡眠不足大国」。とくに働き盛りは仕事や子育て、プライベートに忙しく、ついつい睡眠を後回しにしてしまう人が多い。「たかが睡眠」「眠れる時に眠ればいい」と考えてしまいがちだが、実はわずかな睡眠不足が借金のように積み重なる「睡眠負債」は、これまで考えられていた以上のダメージの原因になる。

 睡眠負債の影響は「ミスが多くなる」「太りやすい、老化が進む」「アイデアが浮かばない」といった日常的なものから、「ガン」「認知症」など命を脅かす深刻な病気のリスク上昇まで様々。

 近年では睡眠を単なる「休息」と捉えるのではなく、日々のパフォーマン…

2017/11/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

正しい眠り方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やまもと

tsutayaの特設コーナーにあったので読んで見ました。もう睡眠に関する知識は身につけ尽くしたとは思うが、習慣化の面でちょくちょくこういう本を読むとモチベーションが維持できる。やはり一番できていないのは、パワーナップ(昼2,3時の攻めの仮眠15分)と朝ごはんの見直し、そしてスリープセレモニーの確立。

こか

睡眠について科学的根拠も踏まえて解説されている。 ちょっと難しいところもあるかもしれないが、目次を見て必要なページのみ読んでいくのも良いと思った。

2019/01/05

たいきち

図書館。特別新しい情報はなかったけど。朝のバナナ、キウイフルーツ、豆乳などを摂ること。ゆっくりとセロトニンに変わっていくので朝からの食事や日光をあびることはやっぱり大事なんだな~と改めて。あと、友野さんの別の本で足首ウォーマーのが出てるのをみて、夏だけど寝るときにメディキュットをはいてみようとヒントを得ました。かなりよい。

2020/08/15

ボンヤリノスキー

また手に取ってしまった。この手の本。何冊読んでも基本は同じ事が書いてあるのに手に取ってしまう性。要は自己啓発本を同じ理屈で、実践しない→何も起こらない→何か起こしたい→また本を読む→実践しない のループだ。で、僕はこの30分ほどで読める本を読んで完全に理解した。僕は眠りにこだわりすぎているのだと。もちろん良い眠りは大事だし、正しく眠る方法は重要だが、それに気を使い過ぎるのは、どこかで自分は常に眠りが悪いと暗示をかけているのと同じだと。自己啓発本と同じじゃん。だからもう読まない。もう正しさは十分理解した。

2018/01/18

キンセンカ

特に目新しい内容ではないが、日本人はもっと睡眠負債に敏感であるべき。

2018/01/05

感想・レビューをもっと見る