読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子

作家
明橋大二
太田 知子
出版社
1万年堂出版
発売日
2018-06-19
ISBN
9784866260341
amazonで購入する

「HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子」のおすすめレビュー

服のタグがチクチク気になる…、靴下がずれていて気持ち悪い… あなたのHSCエピソードがマンガに!

『HSCの子育てハッピーアドバイス』(明橋大二/1万年堂出版)

 服についているタグが肌に触れチクチクして気になる…、履いた靴下がちょっとずれていて気持ち悪い…、保育園でお昼寝の時間になってもなかなか眠らない…。こんな風にちょっと敏感なお子さんが身の回りにいませんか? 昔はただただ神経質な子どもとして扱われてきましたが、今はHSC(Highly Sensitive Child:ひといちばい敏感な子)という名称が与えられています。HSCは病気や障がいではありません。子どもの5人に1人がこのような敏感な感受性をもっているといわれています。わたしも数十年前は“ひといちばい敏感な子”でした。冒頭にあげた3つの例はすべて保育園時代のわたしです。

 HSCはまだまだ認知度が低く、育てにくいと思われたり病気などを疑われたりしています。そこで、多くの人にHSCを知ってもらうべく、出版されたのが『HSCの子育てハッピーアドバイス』(明橋大二/1万年堂出版)です。本書は、HSCがどんな特性をもった子どもなのか、どういう風に接すればいいのか、どうすればのびのびと成長する…

2018/8/26

全文を読む

【HSCの育て方(学童期編)】人いちばい敏感な子が感じる外からのストレスとは? 軽減させる方法も公開!

『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン:著、 明橋大二:翻訳/ 1万年堂出版)

 突然だが「HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)」という言葉を知っているだろうか。子ども全体の15~20%の割合で存在するといわれているが日本での認知度はまだ低い。HSCは、生まれつき人一倍敏感な感覚を持っている。そのためママ友や学校の先生から「他の子と違う」と言われてしまったり、発達障害だと思われてしまったりすることも多い。親自身もどう我が子と向き合っていけばよいのか悩んでしまうこともある。そんな悩みを解決すべく、日本初のHSC解説本『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン:著、 明橋大二:翻訳/ 1万年堂出版)から全4回に分け、成長段階ごとにできるHSCの我が子への接し方をご紹介している。第3回目の本稿では、小学校時代の子育てについて考えたい。

■小学生時代を健やかに過ごすには?  学校生活が始まるとHSCは、友達関係で強いストレスを感じるようにもなる。HSCはストレスのもとでは、不安症や抑うつ状態になりやす…

2018/7/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子」の関連記事

「私の子育て大丈夫?」育児に悩むのは素晴らしい母親! HSCの子育てで大切なこと【インタビュー後編】

『HSCの子育てハッピーアドバイス』(1万年堂出版)の著者・心療内科医の明橋大二先生は「HSC(=ひといちばい敏感な子)をもっと知ってもらいたい!」と日夜がんばる日本におけるHSC研究の第一人者です。そんなお忙しい先生に、ダ・ヴィンチニュースが突撃取材。HSCをよりよく理解するために知っておきたいあれこれを、特別にお話ししていただきました。

■自己肯定感を高めるために必要な「境界線」

——どんな子育てでもそうですが、特にHSCの子育てのベースは「寄り添う」ことが大事だそうですね。

明橋大二先生(以下明橋):そうですね。すべての子どもにとってそうですが、特にHSCには必要です。今の世の中は「右向け右」みたいな同調圧力が強すぎますから、そんな中で子どもの気持ちを尊重して寄り添い続けていくことは、時に周りから非難されるかもしれない大変な面があります。だから、そういう中での私の役割というのは、お母さんを「肯定」してあげること。お母さんが肯定されるとやっぱり気持ちが落ち着くし、それはやっぱり子どもにもメリットがあるんです。お子さんだけでなく、お母さんの自己肯…

2018/8/6

全文を読む

HSCを知っていますか? 「甘やかしすぎ」「わがままになる」その子育てアドバイス間違いかも… 【インタビュー前編】

『HSCの子育てハッピーアドバイス』(1万年堂出版)の著者・心療内科医の明橋大二先生は「HSC(=ひといちばい敏感な子)をもっと知ってもらいたい!」と日夜がんばる日本におけるHSC研究の第一人者です。そんなお忙しい先生に、ダ・ヴィンチニュースが突撃取材。HSCをよりよく理解するために知っておきたいあれこれを、特別にお話ししていただきました。

■「知らない」ままではHSCを追い詰めてしまう!

——数年前から診察の中で子どもたちの「敏感さ」に気がつき始めたそうですね。

明橋大二先生(以下明橋):不登校の子や摂食障害の子を診察していると、親の育て方は普通で兄弟も普通、でもなぜかこの子だけ症状が出ているというケースがよくあったんですね。詳しく状況を聞いていくと、すごく敏感で給食にうるさいとかいう話が出てきたりする。子どもというのは、10のことを指示しても普通はその中のひとつしかやらず、何度も言われてやっとできるようになったりするものですが、そういう子は10の指示で100受け取り、しかも1年後もずっとやり続けていたりすることがある。そんなことから、そうした子の…

2018/8/6

全文を読む

関連記事をもっと見る