読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子のおすすめレビュー

服のタグがチクチク気になる…、靴下がずれていて気持ち悪い… あなたのHSCエピソードがマンガに!

服のタグがチクチク気になる…、靴下がずれていて気持ち悪い… あなたのHSCエピソードがマンガに!

『HSCの子育てハッピーアドバイス』(明橋大二/1万年堂出版)  服についているタグが肌に触れチクチクして気になる…、履いた靴下がちょっとずれていて気持ち悪い…、保育園でお昼寝の時間になってもなかなか眠らない…。こんな風にちょっと敏感なお子さんが身の回りにいませんか? 昔はただただ神経質な子どもとして扱われてきましたが、今はHSC(Highly Sensitive Child:ひといちばい敏感な子)という名称が与えられています。HSCは病気や障がいではありま…

もっと見る

【HSCの育て方(学童期編)】人いちばい敏感な子が感じる外からのストレスとは? 軽減させる方法も公開!

【HSCの育て方(学童期編)】人いちばい敏感な子が感じる外からのストレスとは? 軽減させる方法も公開!

『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン:著、 明橋大二:翻訳/ 1万年堂出版)  突然だが「HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)」という言葉を知っているだろうか。子ども全体の15~20%の割合で存在するといわれているが日本での認知度はまだ低い。HSCは、生まれつき人一倍敏感な感覚を持っている。そのためママ友や学校の先生から「他の子と違う」と言われてしまったり、発達障害だと思われてしまったりすることも多い。親自…

もっと見る

【HSCの育て方(幼児期編)】突然の変更が苦手、些細なことに驚く…親がサポートできること

【HSCの育て方(幼児期編)】突然の変更が苦手、些細なことに驚く…親がサポートできること

『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン:著、 明橋大二:翻訳/ 1万年堂出版)  突然だが「HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)」という言葉を知っているだろうか。子ども全体の15~20%の割合で存在するといわれているが日本での認知度はまだ低い。HSCは、生まれつき人一倍敏感な感覚を持っている。そのためママ友や学校の先生から「他の子と違う」と言われてしまったり、発達障害だと思われてしまったりすることも多い。親自…

もっと見る

【HSCの育て方(乳児期編)】5人に1人の割合で存在! 夜十分眠れない子は可能性アリ!?

【HSCの育て方(乳児期編)】5人に1人の割合で存在! 夜十分眠れない子は可能性アリ!?

『ひといちばい敏感な子』(エレイン・N・アーロン:著、 明橋大二:翻訳/ 1万年堂出版)  突然だが「HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)」という言葉を知っているだろうか。子ども全体の15~20%の割合で存在するといわれているが日本での認知度はまだ低い。HSCは、生まれつき人一倍敏感な感覚を持っている。そのためママ友や学校の先生から「他の子と違う」と言われてしまったり、発達障害だと思われてしまったりすることも多い。親自…

もっと見る

「いやいやがひどくて困る」「新しい環境に慣れない」——ひといちばい敏感な子への接し方

「いやいやがひどくて困る」「新しい環境に慣れない」——ひといちばい敏感な子への接し方

『HSCの子育てハッピーアドバイス』(明橋大二:著、太田知子:イラスト/1万年堂出版) 「うちの子はかんしゃくを起こすと手がつけられないのよね」「服をいやがったり、食べ物をいやがったり。いやいやがひどすぎて困っちゃう」「お友達はみんな普通にしてるのに、うちの子はまだ幼稚園に慣れないで泣いてばかり。なんで?」――子育てに悩みはつきものとはいうけれど、子どもの自己主張が激しすぎると、いくら親であってもしんどいもの。つい「いい加減にしなさい!」と怒ってしまって、や…

もっと見る