読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル

作家
今村翔吾
出版社
文響社
発売日
2018-10-19
ISBN
9784866510965
amazonで購入する Kindle版を購入する

ひゃっか! 全国高校生花いけバトル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

今村翔吾さん、時代小説だけではないんですね。現代小説もいいですね。ズバリ生花の甲子園です。假屋崎省吾さんがこれを読めば『生花は格闘技よ!』と言いそうだ。今村翔吾作品の友情出演!?もあり、生花のバトルの迫力は花の名前がわからなくてもイメージが湧き、楽しく面白く読めました。もう高校生でなくても、現在進行形の高校生も間違いなく春乃と貴音のような高校生活は皆が羨ましく思うのではないかな。俳句、写真、かるたなど文系にもっと光が当たってほしいですね。

2019/03/16

しんたろー

今やエンタメ時代劇の旗手・今村さん初の現代劇は青春もの…アニメ装丁で敬遠していたが「もっと早く読めば良かったー!」と叫ぶほど面白かった。実在する事を知らなかった大会を目指す主人公・春乃とイケメン転校生・貴音が繰り広げる「熱血少女漫画」はワクワクさせて熱い!大衆演劇一座を絡めて単なる学園ものにしなかったのも良いし、大会の様子が目に浮かぶ描写も楽しい。もはや得意技でもある人物設定の巧みさと山あり谷ありの展開も職人芸。『ぼろ鳶』ファンには嬉しい「彦弥」の末裔にもニヤリ。この調子で現代ものもドンドン書いて欲しい♬

2019/10/29

いつでも母さん

読み友さんに薦められて正解の一気読み。今村作家が描く『花の甲子園』!いや、確かにバトルなのだ。高2の春乃はその大会に出場するために相方探しから始まるのだ。ようやく見つけたのは転校生・大衆演劇一座の山城貴音だった。ちょっとしたドロドロの場面もあるけれど、そこは今村さんだもの人物が活き活きと動き回り、真摯に花に向き合う姿勢が好ましい。多少昔取った何とやらで華道を齧った者の端くれとしては面白く読んだ。ー花は思い出にいつも寄り添うー春乃の祖父の言葉は染みる。

2018/11/08

みどり虫🌻復活っι(`・-・´)/

アオハルぅ〜🎶ほぼ予想通りに話は進んでいくのに、ワクワクとドキドキとウルウルが詰まってて、ニヤけたり泣いたりで楽しんだ。読み友さんが教えてくれた、高校生花いけバトルの実際の様子を動画検索してから読むと楽しさ倍増。あ〜、良かったぁー。この本、表紙で手を出さずにいる方、まずは動画を観て欲しい。花いけバトル熱いんです!先日読んだ『八本目の槍』一作でファンになった今村さん、こんなのも書くのね。これから読むつもりのぼろ鳶シリーズを読んでたら「わおっ❤︎」ってなったのかなって話もあったから、ぼろ鳶読むの更に楽しみ!

2019/12/14

海猫

花いけバトルというのをこの本で初めて知り、なんとなく読んでいくと展開もキャラクターも弾んでいて、どんどんワクワク感が高まる。ヒロイン・春乃も可愛らしいけど、コンビになる山城貴音の男前っぷりがいいねえ。また花いけバトルと大衆演劇を組み合わせるアイデアが粋。登場人物に気持ちが入ったおかげで、バトル場面はドキドキハラハラ。その上、綺麗さ華麗さも伝わってくる。文章や構成が端正ですねー。とても良い青春小説を、読ませてもらいました。映画やドラマの原作に良さそう。羽州ぼろ鳶組シリーズ読者にはちょっと嬉しいオマケあり。

2018/10/26

感想・レビューをもっと見る