読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

作家
ローレンス・レビー
井口耕二
出版社
文響社
発売日
2019-03-15
ISBN
9784866511139
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ジョブズが自腹で支えていた赤字時代、『トイ・ストーリー』のメガヒット、株式公開、ディズニーによる買収……。
小さなクリエイティブ集団をディズニーに並ぶ一大アニメーションスタジオに育てあげたファイナンス戦略!

アマゾンベストブック of 2016 (ビジネス&リーダーシップ部門)
フォーチュンが選ぶフェイバリットブックof 2016
ニューヨークタイムズも絶賛!

PIXAR <ピクサー> 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ばみ

ジョブズの伝記に魅せられて、ジョブズのピクサーの関わりをより深く知りたくなり読了。アップルを去り、ピクサーに期待を寄せて多額の投資をしていたジョブズはピクサーでは敬遠され敵対視されていた序盤から、ローレンスと共に事業戦略を練り上げ、クリエイティブと事業、自由な精神と厳しい現実の折り合いをつけて、その後のピクサーの継続的な大成功を導く。ローレンスは最後にそのことを「中道」という概念で説明して締めくくる。 ジョブズの伝記に感動した人であれば必ず読むべき一冊です。

2019/03/19

GeorgeO.

ピクサーの知られざる葛藤とスティーブ・ジョブズの人としての生き様が伺える作品。 読むだけで当時の興奮を味わえる。仕事を頑張りたい人にはオススメ。

2019/03/21

感想・レビューをもっと見る