読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青の王と花ひらくオメガ (カクテルキス文庫)

青の王と花ひらくオメガ (カクテルキス文庫)

青の王と花ひらくオメガ (カクテルキス文庫)

作家
葵居ゆゆ
笹原亜美
出版社
Jパブリッシング
発売日
2020-08-19
ISBN
9784866693262
amazonで購入する Kindle版を購入する

青の王と花ひらくオメガ (カクテルキス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

禍腐渦狂紳士タッキー(りゅうおう)

【セレン。俺はおまえが愛おしい。この世の誰よりもおまえがほしいんだ(レイ)】砂漠の国を舞台にしたオメガバ作品。アルファの第一王子・レイと第二性別を持たない下働きのセレンによる身分差ラブで、わざとうつけ者を装うレイと健気で献身的なセレンの焦れキュンが最高でした✨色々な思惑が絡む中で、セレンに初恋をしたレイの甘やかしや溺愛、罪の子である烙印でレイへの想いから逃げてしまう臆病なセレンが愛おしく、王子からの寵愛が素晴らしいデス💕笹原亜美先生の挿絵もレイの美青年王子っぷり、美しいセレンが眼福でした♡

2020/08/21

つき

良かった。もちろん主役二人も、辛いことをお互いがてを取り合い乗り越えて、しかも支えあう姿や、お互い自分の事より相手に幸せになって欲しくてちょっぴりすれ違っているとことか、きゅんきゅんしましたけど、私の中のNo.1はヨシュアです!なんて良い子なんだと、最初から最後まで感動しました。本当に純粋で真っ直ぐで優しくて強い子でした。幸せになってくれて、ありがとう。というか気持ちになりました。

2020/08/30

ゆんちゃん

頑張る人が報われる。自分の価値は自分のものであって、周りに影響されてはならない。ええことやー。

2020/10/24

kindle

2020/10/18

rin

kobo

2020/08/24

感想・レビューをもっと見る