読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)

作家
佐々木陽子
出版社
フレックスコミックス
発売日
2018-03-13
ISBN
9784866759807
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)。コミュケの帰り道、同人誌と共に電車に轢かれた彼女は不思議なタイムリープに巻き込まれる。その後、なんやかんやあった末にはとこが行き着いたのは……1996年!? アラサーから圧倒的共感の嵐! 30歳からはじまる<オタク人生やり直し>ストーリー!

「タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS)」のおすすめレビュー

三十路のオタクが13歳の自分にタイムスリップしたら……諦めていた夢を叶えるため全力で人生をやり直す!

『タイムスリップオタガール』(佐々木陽子/フレックスコミックス)

 誰しも一度は「あの頃に戻りたい」なんて思い出にふけることがあるのではないだろうか。今の経験を持ったまま幼い頃に戻ったら、今よりずっと幸せな人生が手に入るかもしれない。……小説や映画、漫画などジャンルを問わず、タイムスリップものは、昔からずっと私たちに夢を(時に残酷な現実を)与えてきた。

『タイムスリップオタガール』(佐々木陽子/フレックスコミックス)は、そんな私たちの「人生をやり直したい」という願いを、たまたま実現することになった主人公の物語だ。

 城之内はとこは、30歳でアルバイトをしながら趣味にお金をつぎ込むオタクの女性である。地方に住むはとこは同人イベントに行くため上京。無事お目当ての戦利品たちを手に入れほくほくして駅のホームに立っていると、後ろからドミノ倒しで人が激突。一番前に立っていた彼女は、そのままホーム下に落下。助けを呼ぶ隙もなく、電車は目前に迫っていた。

 死がよぎった瞬間に「死にたくない」よりもまず「遺品整理で押し入れの同人誌の山見られてPCの中も見られるの!?」と…

2018/5/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

タイムスリップオタガール(1) (ポラリスCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KOU

4巻発売でまた読みたくなったので再読。 この、はとこが内面でてんぱってる状態と、そこから解放されるところの上げ下げが楽しい。 タイムスリップの初期設定は完全に忘れてた(笑)。

2019/02/23

ばいか@マンガ

買。

2018/10/15

まつまつ

勢いで読めた。基本的に主人公がいい人なんで、タイムスリップしたことを自分の利益に使わないのが面白いところであり面白くないところであるなあ。タイムスリップした主人公ってだいたい現代の知識を使ってチートなんだけど、そこに自分の欲が介在しなくてあくまで天然だからとかあくまで人と助けたいからという理由付けがなされる。でもこの主人公はなにもしない。ただいじめっ子に対して大人の目線で見るとガキくさって思っていなせたり、当時の萌えに再びリアルタイムで萌えられる事を楽しむだけというこの小ささが逆に新しいと思った

2018/06/03

感想・レビューをもっと見る