KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【小説24巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身3」

【小説24巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身3」

【小説24巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身3」

作家
香月美夜
椎名優
出版社
TOブックス
発売日
2020-09-10
ISBN
9784866990385
amazonで購入する Kindle版を購入する

【小説24巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身3」 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

『本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいません~』完読プロジェクト https://bookmeter.com/users/512174/bookcases/12013151?sort=book_count&order=desc 今回は、26冊目、第五部Ⅲ巻、残り10冊まで来ました。今巻は、フェルディナンドとの再会の巻でした。 続いて第五部Ⅳ巻へ。 https://tobooks.shop-pro.jp/?pid=150976495

2024/05/08

☆よいこ

第五部③嫁取り(盗り)ディッターでの勝利の後始末。領地対抗戦と共同研究の発表と卒業式。フェルディナンドとローズマリーの久しぶりの再会は貴族院で。あまりのイチャイチャぶりにファンが萌える。ディートリンデのおバカぶりは笑えるけどヴィルフリートの鈍感さと考え無しにはちょっと引く▽SS[領地対抗戦での決意]リュールラディ視点[娘の意見と覚悟]ジークリンデ視点[不信感とゲヴィンネン]ヴィルフリート視点

2020/11/18

こも 零細企業営業

貴族院3年目の領地対抗戦と卒業式が行事。 領地対抗戦で、フェルディナンドがエーレンフェストへの束の間の帰還でマインと調合をしたり、マットレスの長椅子で寝たりしてリラックスすふ。最後にマインとリヒャルダに「ありがとう」って言って去って行く。 そして、アーレンスバッハ側に行くとディートリンデがワガママ放題。卒業式の舞で、ピカピカになる酷さにドン引きする。 最後の方では、ヴィルフリートは側近達の言葉に踊らされて変な方向に話が向かって行く。 元々がヴェロニカに育てられるからな、、 情報の取得の仕方がずさん、、

2022/12/13

はなりん

領地対抗戦~3年生終了まで。プロローグと書き下ろしたっぷりのローゼマインの目覚めまでは、ローゼマインの側近達の普段の言動や考え方がわかって、とても楽しめました。ジークリンデとハンネローレ母娘の会話でダンケルの内情やレスティラウトの事がよくわかって、こちらも面白かった!最後のヴィルフリートはモヤモヤする。相変わらず成長しないなぁ。オズヴァルトの誘導の結果なんだろうけど。特典はアナスタージウス視点の卒業式での王族側の動き。こちらもジギスヴァルトにイラッとします。

2020/09/12

めぐ

【再読】シリーズ24巻目。たとえ相手が王族や大領地でも臆することなく自分の意見を伝え、重要な情報を共有するローゼマイン。ヴィルフリートの第一夫人として影で支える役に収まるには、もったいない資質だと思う。ヴィルの器が小さ過ぎる。まぁ、過去に廃嫡の危機をローゼマインに救ってもらった時点で既にアウトなのだけれど。ジルベスターは頭を抱えていたけれど、王族とダンケルフェルガーに、アーレンスバッハの危険性を周知出来たのはお互いに大きな収穫だったと思う。今回はデートリンデの醜態とフェルディナンドのやつれ具合が際立った。

2021/05/13

感想・レビューをもっと見る