読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いえのなかと いえのそとで

いえのなかと いえのそとで

いえのなかと いえのそとで

作家
レウィン・ファム
柳田邦男
横山 和江
出版社
廣済堂あかつき
発売日
2021-03-25
ISBN
9784867020593
amazonで購入する

ジャンル

いえのなかと いえのそとで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

花ママ

読み友さんご紹介の絵本を読み終えました。〈いつもと同じような日に、しんじられないことがおこりました〉で始まるこの物語は、まさにコロナ禍のお話でした。くろねこの目から見る人々の暮らし。シックだけど、くっきりとした色彩の絵が、変わっていく街の風景や家の中での暮らしぶりを描いていきます。最後2ページにわたる見開きには、屋外で大好きな人と会えたうれしさがあふれていました。早くこんな日を迎えたいなぁ~🐈

2021/08/21

mincharos

これはまさしくコロナ禍を描いた絵本。コロナ禍の絵本が偶然に続いた。数十年後にこの絵本を読んだ子供たちは、え?ほんとにこんな時代があったの?!ってビックリするかなあ。これは去年の最初の緊急事態宣言下でのお話だね。今また東京は4度目の緊急事態宣言中だけど、公園のブランコや滑り台でも子供たちは元気に遊んでる。最後の見開きページのように、会いたい人に会いに行って、抱きしめ合えるようになるのはいつのこと?「いえのなかでも、こどもはおおきくなりました」そうだった!ステーホーム中に靴が全部入らなくなってたわ、うちの子。

2021/07/18

ヒラP@ehon.gohon

新型コロナウィルスとロックダウンを考える絵本です。 こんな極端過ぎる状況を自分たちが知らないことが幸せなのかどうかわかりません。 日本では、家に閉じこもっている人は、感染者を除いて多くはありません。 それが感染者拡大の要因だとすれば、この絵本はとても重要です。 必ず、家の中から、安心して外に出られる日は来ると信じつつ、今、何が必要かを考えさせられました。

2021/08/17

chiaki

ロックダウンされた街の姿、人々の様子、想いが描かれています。一人の行動は、たくさんの人の命を救うためにある。全てはやがて来る春のため!想いをひとつにして、もう少し頑張ろう!!そして、今この時も、命に寄り添い、戦って下さっている医療従事者の方にたくさんの感謝とエールを!!!

2021/04/29

こふみ

数年前までは考えても見なかった事が起こった世界を温かいトーンで表現した絵本。子ども達はこの本を読んで どんな感想を持つのでしょうか?

2021/11/08

感想・レビューをもっと見る