読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あしたが きらいな うさぎ

あしたが きらいな うさぎ

あしたが きらいな うさぎ

作家
高橋久美子
高山裕子
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2020-05-26
ISBN
9784867160169
amazonで購入する

ジャンル

あしたが きらいな うさぎ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kurara

★3.5 モフモフのウール君のお話。 #NetGalleyJP【20.40】

2020/04/02

anne@灯れ松明の火

表紙とタイトルがなんだか気になる。もじゃもじゃの毛をからかわれ、落ち込むウサギのウール。友達と会う明日が来ないといいと願ってしまう。そのためにウールが挑戦することが周りから見れば、笑えてしまうようなことばかり。でも、悩むウールは大真面目で、ちょっと胸が痛くなる。さあ、ウールはどうなる? 自己嫌悪から解放されるというテーマはよくあるかもしれないが、そのきっかけが意外で、素敵だった。登場する仲間たちのネーミングも楽しい。高山裕子さんのヘタウマ風な絵もかわいらしくて、いい感じ。#NetGalleyJP

2020/05/08

ふっかー復活委員長

元チャットモンチーの高橋さんが、甥っ子が悲しい時に見せる表情をきっかけに作ったおはなし。高山さんの描くウールの「困り顔」は妙にリアリティを帯び、今にもグズグズと体を揺らしそう。でも、どこかのんびりとした両親や、夜にうろつくフクロウのさりげない助言もあり、なんだかんだで明日を迎えます。そこで起きる奇跡が、たった一日だけでも、誰かが夜を乗り越える救いになればと思います。

2020/06/17

HNYYS

図書館本。この話のように、自分のコンプレックスを手のひら返したかのように受け入れることっていうのはなかなかないとは思うけれども、stay homeが続いた中で大人だけでなく子供も自分と向き合う時間が増えた分、自分の短所に気付き悩む姿が少し見られるようになってきました。

2020/07/29

ひつじ

#読了 うちの娘はクルンクルンの天パ。両親はストレート。主人公がまるっきり娘と同じでびっくり。本人は気に入ってるけど、年齢が上がるにつれて同じように思うことあるのかなーと。そういう時期が来たらまた読み聞かせてあげようと思う

2021/02/15

感想・レビューをもっと見る