読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海辺のカフェで謎解きを 〜マーフィーの幸せの法則〜 (ことのは文庫)

海辺のカフェで謎解きを 〜マーフィーの幸せの法則〜 (ことのは文庫)

海辺のカフェで謎解きを 〜マーフィーの幸せの法則〜 (ことのは文庫)

作家
悠木シュン
中村至宏
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2020-07-20
ISBN
9784867160367
amazonで購入する Kindle版を購入する

海辺のカフェで謎解きを 〜マーフィーの幸せの法則〜 (ことのは文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

海辺の隠れ家的お店〈キッチン・マホロバ〉。優秀な兄と心優しい弟が、訳ありなお客様の相談事にこたえるというお話。どの謎も真相は意外にヘビー。マーフィーの法則から解明するというのがミソだ。内容よりも地元ネタというところが楽しくて、同じ年頃の息子達がいる身としてはますます親近感を覚える。メニューも美味しそうだし、このカフェが実在したらいいのに♡カフェ×謎解き×ねこ=ちょっと読みたくなるという法則も成立ちそう。少し切なく、秋の始めのこの季節に似合いの本だった。

2020/09/15

ゆのん

【海の日だから】海の見える見つけたにくい場所にあるカフェ。隠れ家的な感じのお店を切り盛りするのはイケメン兄弟。猫は何故木から落とされそうになったのか…店に送られてくる本の謎などなど日常のミステリを解く。土台には『マーフィーの法則』。『事実』と『真実』を解いた先には優しさにほっこりするものや、切ないものもあり楽しく読めた。171

2020/07/23

よっち

大学の夏休みで福岡・愛島にある兄・水城海人のカフェを手伝っていた成留が、店に棲み着く黒猫を追いかけてきた黒い服を着た邑崎紫と出会い謎を解き明かすカフェ&ミステリ。猫を助けてくれた男、彼の想い人がプロレス愛好会を立ち上げた理由、一人の女子高生を巡って勝負した先輩後輩の顛末、中学生が突然髪を切った理由、プロポーズを断った理由、お店に本を送り続けた人の正体など、人間関係の繋がりでもたらされる謎を兄弟と紫で解き明かした物語は切なかったですけど、ほろ苦いけれど希望もまた感じられるそれぞれの優しい結末が印象的でした。

2020/07/20

horihori

福岡の愛島にあるカフェ「キッチン・マホロバ」で、頭脳明晰な海人と心優しい成留が、店に棲み着く黒猫を追いかけてきた女性・紫と知り合い、彼女が興味を示す訳ありな客の悩みを兄弟で解決する。読み始めは、いつもより伏線の張りは弱めで、強引さを感じる展開。とはいえ、馴染んでくると、イケメン兄弟の推理は的確かつ優しい。マーフィーの法則は未読だけれど、海人の娘ちゃんもお勧めしてるし一度読んでみたい。作者も続編に意欲的だし出るのが楽しみ。別の作者だけど、門司にもイケメン店長いたなぁと思い、福岡にイケメン増産疑惑浮上。

2020/11/08

dolce vita

焼きカレーのスフレオムレツ乗せ。想像しただけで十分美味しそう。トマトソースたっぷりの卵のホットサンドもバケツプリンも、ミナトの作る料理が美味しそうでお腹が空く。訪れた人が抱えた悩みをそっと解きほぐすお料理と兄弟。いつの間にか仲間に加わったような紫も、2人と焼きカレーと風景に包まれてまた歩んでいける。ほんのり温かくなる物語だった。#NetGalleyJP

2020/07/16

感想・レビューをもっと見る