読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

城の少年

城の少年

城の少年

作家
菊地秀行
Naffy
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2020-12-08
ISBN
9784867161005
amazonで購入する

ジャンル

城の少年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

菊地 秀行の絵本を見つけたので読みました。著者の絵本は、初読です。本書は、哀しく切ないラブ・ファンタジー・ヴァンパイア大人向き絵本でした。Naffyの絵も美しく雰囲気があります。🦇🦇🦇 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000354.000048095.html

2020/12/11

アキ

Naffyの中世の欧州を表すような素敵な絵と、菊池秀行の不気味で哀しい物語がマッチしていて、好みの絵本。「Mou」に引き続き、手元に置いて読み返したい絵本です。恐らく、ルーマニアのあの昔話が元になっているのでしょうね。

2021/09/13

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

初読み。幻想的な絵、そして切ないけれど究極の愛あるファンタジーでした。桜庭一樹さんの「ほんとうの花を見せにきた」を思い出しました。

2021/02/28

花ママ

「Mou」の絵著者Naffyさんの絵本。お城に1人で暮らす少年期とロマニー〈放浪者〉の一団にいる少女のロマンス。少年には語ることができない秘密があり・・Naffyさんの素敵な挿し絵は、独特の雰囲気があり大人を惹きつける。グリムの昔話をNaffyさんの挿し絵で読んでみたい。

2021/02/07

くさてる

菊池秀行作の絵本。吸血鬼の少年が主人公なのだけど、決して直接的な表現はないまま、幻想的に描かれるかれの生活と、それを変えた少女との出会いの運命が素晴らしい。それを見届けた、黒衣の青年の存在も。菊池先生らしい、切なくも美しい幻想の恋物語です。

2021/04/03

感想・レビューをもっと見る