読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大人も知らない? ふしぎ現象事典

大人も知らない? ふしぎ現象事典

大人も知らない? ふしぎ現象事典

作家
「ふしぎ現象」研究会
ヨシタケシンスケ
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2021-07-07
ISBN
9784867161593
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大人も知らない? ふしぎ現象事典」の関連記事

うとうとしていると突然ビクッとして目が覚める。このとき体に何が起きているの?/大人も知らない? ふしぎ現象事典⑨

「ふしぎ現象」研究会・編集、ヨシタケシンスケ・イラストの書籍『大人も知らない? ふしぎ現象事典』から厳選して全9回連載でお届けします。今回は第9回です。「勉強しなさい」と言われると勉強したくなくなる。「期間限定」と書いてあるお菓子をつい買っちゃう。大人でも理由を答えられないような「ふしぎ現象」の名前と由来を子どもに楽しく伝える雑学本!

『大人も知らない? ふしぎ現象事典』(「ふしぎ現象」研究会:編、ヨシタケシンスケ:イラスト/マイクロマガジン社)

それは… スリープスターツ  眠いのを我慢したり、長い間起きていたりした時に、ついうとうとと眠りそうになったら、足や腕の筋肉がけいれんして目が覚めてしまうことがあります。これは「スリープスターツ(寝ピク)」と呼ばれる、自分の意思とは関係なく体が勝手に動いてしまう現象です。変な体勢で眠ったり、疲れて眠ると起きやすいようです。脳が夢と現実の違いをわからなくなり、体に間違った命令を出してしまって起きるのです。

ふしぎ現象コラム 「スリープスターツ」は、別名「ジャーキング」とも呼ばれています。夢の中で、高いところか…

2021/7/7

全文を読む

何かが耳の中で動いている? 眠れない夜に聞こえる「シーン」という音の正体とは…/大人も知らない? ふしぎ現象事典⑧

「ふしぎ現象」研究会・編集、ヨシタケシンスケ・イラストの書籍『大人も知らない? ふしぎ現象事典』から厳選して全9回連載でお届けします。今回は第8回です。「勉強しなさい」と言われると勉強したくなくなる。「期間限定」と書いてあるお菓子をつい買っちゃう。大人でも理由を答えられないような「ふしぎ現象」の名前と由来を子どもに楽しく伝える雑学本!

『大人も知らない? ふしぎ現象事典』(「ふしぎ現象」研究会:編、ヨシタケシンスケ:イラスト/マイクロマガジン社)

それは… ダンス細胞の音  それは耳の中にある、音を受け取る細胞が動いている音です。この細胞は踊っているみたいに動くことから「ダンス細胞」と呼ばれています。音がした時、耳の中では感覚器官がその音によって揺れるのですが、小さな音だと揺れも小さく、うまく捉えることができません。ダンス細胞は小さな揺れを増幅して脳に届けるため、常に動いて準備をしています。だから静かな部屋では、耳の中でダンス細胞が動く音が聞こえるのです。

ふしぎ現象コラム 「ダンス細胞」は1秒間に2万回も動くことができますが、それは「プレスチン」とい…

2021/7/6

全文を読む

関連記事をもっと見る

大人も知らない? ふしぎ現象事典 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真香

図書館本。誰もがいつも経験していることなのに名前を知らない「ふしぎ現象」を、ヨシタケシンスケさんのイラストと共に紹介。例えば、本屋や図書館にいるとなぜかトイレに行きたくなるのは『青木まりこ現象』、テスト直前になぜか部屋の掃除がしたくなるのは『セルフ・ハンディキャッピング』などなど、大人が読んでも「この現象ってこんな名前だったんだ!」という発見がたくさんあって、子供向けにしておくのが勿体無いぐらい。面白かったので手元に置いて、息子の学校の朝読書用の本にしようかな?

2021/09/24

ぶち

めちゃくちゃ面白いです!普段感じている、あんなことや、こんなことの現象の理由を教えてくれます。しかもその現象に学術的な名前が付いていたなんて! 止まっているエスカレータを上がろうとすると変な感じがして躓きそうになったりするんですが、これは私だけのことかと思っていたらちゃんと"エスカレータ効果"という心理学の名前がついていました。動いているものだという脳の思い込みの結果だそうです。そんな「ねぇ知ってる」と自慢したくなる知識がたくさん載っています。ヨシタケシンスケさんのイラストが絶妙な可笑しさです。

2021/11/27

へくとぱすかる

「ぼくだけではなかったんだ!」「そうそう、こんなことあるよね?」という安心感。衝動買いして、読みだしたらつい一気読み。興味の核心をついているというか、ふだんは忘れていて、なぜそんなことになるのか、不思議に思う現象のエッセンスをまとめて教えてくれる。このお得感(自分で言ってて笑う。これも何かの効果か)。かつては未解明だったり、本に書いてなかった事柄も、今やきちんと説明がついていたりする。スッキリするなぁ。児童書として出ているが、大人だって読むのだ。ところで、日本に青木まりこさんって一体何人いるんだろうね。

2021/11/20

future4227

日常生活で誰でも経験しているあるある的なくだらない現象にも、何やら仰々しい名前が付いているのが面白い。世界にはどんな些細なことでもちゃんと検証や実験をやっている人がいるってのも感心してしまう。ペンをゆらゆら揺らすとふにゃふにゃに見える=ラバーペンシルイリュージョン。教室がガヤガヤしてたのに何かの拍子にシーンとなる=天使が通る。天井の木目が人の顔に見える=シミュラクラ現象。携帯が着信でブルブルしてると思ったけど気のせいだった=ファントム・バイブレーション・シンドロームなどなど。だから何?という内容でもある。

2022/01/27

けんとまん1007

そうそう、あるある、これってあるよね~。そんな日常の暮らしの中のあれこれの現象に、名前がついているのだ。知っているものも結構あったが、そのネーミングはどこから???というのも。やはり、人間って面白いわ。自分が図書館で借りてきて、息子が読んで「へえ~」、自分が読んで「ほ~~」、今、かみさんが読んでいる。

2022/05/27

感想・レビューをもっと見る