読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

劇画狂時代―「ヤングコミック」の神話

劇画狂時代―「ヤングコミック」の神話

劇画狂時代―「ヤングコミック」の神話

作家
岡崎英生
出版社
飛鳥新社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784870315204
amazonで購入する

劇画狂時代―「ヤングコミック」の神話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

がんぞ

少年画報社は’63年『少年キング』を創刊。'67年ヤングコミック創刊、青年漫画にも進出。p26「劇画は大人を登場させ、大人の問題を取り扱う。物語の核となるのは…様々な欲望であり…セックス、金銭、暴力、社会的不正義などが要素となる。その表現は鋭角的であり、読者の漠然と信じている安定した世界を破壊し、感情を攪拌する…つまり少年漫画と違って笑いや安らぎのかわりに刺激を、慰めのかわりに興奮を提供しようとしたのが当時の劇画なのだ」看板作家宮谷和彦、上村一夫は勝者を描かなかった。やがて大手が『ビッグコミック』等で対抗

2015/06/13

kokada_jnet

伝説の雑誌に編集者・原作者として関わった人による記録。貴重な内容だけれど、当時の時代状況に感情移入しすぎていているきらいが・・。

2011/08/13

感想・レビューをもっと見る