読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集―Dear Ernest,Dear Scott

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集―Dear Ernest,Dear Scott

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集―Dear Ernest,Dear Scott

作家
佐藤 美知子
スコット・フィッツジェラルド
アーネスト・ヘミングウェイ
宮内 華代子
出版社
英光社
発売日
2018-10-01
ISBN
9784870971752
amazonで購入する

フィッツジェラルド/ヘミングウェイ往復書簡集―Dear Ernest,Dear Scott / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

1925年にヘミングウェイとフィッツジェラルドはパリで始めて会う。その時、フィッツジェラルドは『ギャツビー』発表後の人気作家で、その半年前には会ったことの無い新人作家ヘミングウェイを褒め称える文章を書いていた。2人は急接近し、強い愛と友情で結ばれ、手紙のやり取りをするが、巻末にある年表をみると、酒癖が悪すぎるジェラルドをヘミングウェイが大目に見ていたのがわかる。ヘミングウェイの作品へのジェラルドの批評が興味深い。やり取りの頃の生活は、後にフィッツジェラルド『夜はやさし』にみてとれる。何度も読み返す。

2018/12/06

LcK0812

雑談、人物評、書評、文学的談話。そして愛人への手紙にも思えるような熱い心情の吐露。 さすがに文豪だけあり、ジョーク一つにもウィットが富んでいる。当時の文壇についてや、文学的な価値はもちろん、交流を通して移り変わる彼らの立場を読むだけでもたいへん貴重かつ素晴らしい本だった。 最期に一部だけ引用。 「こんなふうに言われてイヤじゃなければ、君こそなんたってぼくのいちばんの友だちだ。それに単なる――ちくしょう―こんなこと書けないよ、だけどこのことについては、心底そう思っているんだ」 アーネスト 1927/3/31

2021/01/06

感想・レビューをもっと見る