読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ももたろう―だれでも知っているあの有名な

ももたろう―だれでも知っているあの有名な

ももたろう―だれでも知っているあの有名な

作家
五味太郎
出版社
絵本館
発売日
2007-07-01
ISBN
9784871100663
amazonで購入する

ジャンル

ももたろう―だれでも知っているあの有名な / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ハワイ猫

前提としてももたろうを知っているこどもたちに向けた絵本。こうだったかもしれないし、こうじゃなかったかもしれない。でもこうだったら面白いよね、という一冊。サッカーでは勝つのに鬼ごっこでは負けちゃうももたろうに次男はにやにや。そうだよねえとのこと。

2017/11/11

anne@灯れ松明の火

(再読)隣市分館での読み聞かせ講座で、講師さんが読んでくれた。よく知っているものも、別の角度から見ると、違うものが見えてくるね。

2021/10/08

書の旅人

だれでも知っているあの有名な『ももたろう』を、五味さん流にしてみると…。うーん、読ませるより、読み聞かせの方が楽しんでもらえるかなァ。身振り手振りに、表情も大きくして、声色も誇張してみて…。調子に乗って、アドリブも!

2018/01/22

雨巫女。

《図書館-常設》ももたろうに、たくさんの兄弟が、いたり、お供の候補が、何びきもいた? ても、ももたろうって、パロディ多い気がする。

2014/10/22

ヒラP@ehon.gohon

こんなももたろうは、誰も知りません。 でも、五味太郎がこういうことをする人だということは、絵本好きなら誰でも知っています。 ももたろうを楽しむ絵本ではなくて、五味さんを楽しむ絵本に違いありません。 よくこんな事を思いつくなと、その発想力を学びたいところです。 いろんなお話の解説絵本をお願いしたいですね。

2017/08/08

感想・レビューをもっと見る