読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

行ったり来たり大通り

行ったり来たり大通り

行ったり来たり大通り

作家
五味太郎
出版社
絵本館
発売日
2018-07-25
ISBN
9784871104036
amazonで購入する

ジャンル

行ったり来たり大通り / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シナモン

大通りはたくさんのことばであふれています。「この絵本、とくにストーリーはないんだってさ」ということで気軽に読んでたら、あれ?これはさっきのあれと繋がる?この仲間、さっきもいた?とページをめくって行ったり来たり…。いつの間にか「行ったり来たり大通り」のタイトル通りのことをしてました。楽しい。「楽団やめる…楽器売ってくる」「夢は売らないでね」の会話にハッとしました。

2020/10/24

アナクマ

「とくにストーリーはない」のですが、仕掛けは満載。18頁の女の子のリボンが5頁で拾われていたり。15頁の博物館から逃げ出したミイラが17頁にある病院の包帯患者と10頁で談笑していたり。読者はページを行ったり来たり、何度もめくりかえすことになります。◉街の人みなそれぞれが個別の事情を抱えていて、それぞれに生活している。それらは一見無関係なようでいて、少しだけ関わりあっていたりする(あるいは全く無関係に存立していることもある)。そんな現実/社会の有り様に、それとなく触れさせようとする遊び絵本。著者らしい作風。

2020/11/23

たーちゃん

この絵本の最初のページにもあるように、とくにストーリーはない絵本。でもやっぱり五味太郎さんの絵本だから面白い😄あっちのページに出てきた人のことを話しているこっちのページの人。探すのがとても楽しい。少し大きめのめくりやすい絵本なので、息子も気にいったようで何度もめくつていた。

2019/04/27

ヒラP@ehon.gohon

何ともいい加減な絵本だと思ったのですが、前から後ろからページをめくってみると、ちゃんとつながりのある物語がいっぱいつまった絵本です。 街の大通りを歩いている人たちは、それぞれに何かをしているのですものね。 読めば読むほど楽しくなってくる絵本でした。

2018/12/05

ツキノ

(E-410)祝☆絵本館創立40周年!五味太郎さんのとぼけた魅力が全開!読者はページを行ったり来たりするのが楽しい。がいこつさんの登場もうれしいな。自分で絵を見て楽しめる子に。子どもが生まれて最初に(わたしが)ハマったのが五味太郎さん。ずっと描き、ずっと出版しつづけてくださったことに感謝します!

2018/09/23

感想・レビューをもっと見る