読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

とりあえずごめんなさい

とりあえずごめんなさい

とりあえずごめんなさい

作家
五味太郎
出版社
絵本館
発売日
2019-05-01
ISBN
9784871104180
amazonで購入する

ジャンル

とりあえずごめんなさい / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

謝る前に何とかしろよと言う「ごめんなさい」、まあしゃーねーかという「ごめんなさい」、幾つかのごめんなさいに区分していたら、「ごめんなさい」って、なんていい加減な言葉だろうと思えてきました。 なにも言わずにシーソーから立ち上がるおばさんのずーずしさには唖然としましたが。 やっぱり、とりあえず声かけはした方が良いようで。

2019/09/09

ヒラP@ehon.gohon

ありえないシチュエーション、あるかも知れないシチュエーション、とりあえず謝っとけといった軽い「ごめんなさい」の数々にクスリと笑ってしまいました。 こんなナンセンスならば、身の回りにも「ごめんなさい」がいっぱいありそうですね。

2019/08/07

遠い日

ふざけているような、狙っているような、はぐらかされ感満載の、「ごめんなさい」。鬼ヶ島、笑っちゃいました。鬼たち、すごいお宝を持っていそうです。

2019/06/21

リハビリ中の雨巫女。

《本屋》くだらないけど、なかなか面白かった。さすが、五味さん。

2019/05/18

くろばーちゃん

これは誰に向けて描かれた本なのだろうか?タイトルからして好きになれない。ごめんなさいにとりあえずなんてないからだ。そんな硬い頭ではダメだと五味さんは仰るだろうか。これまで五味さんの絵本には何度もはっとさせられてきた。安心して笑えた。別の本も読みたいという気にさせれた。でもこの絵本は…。とりあえずごめんなさい、おはなし会では読みたくない。

2019/07/09

感想・レビューをもっと見る