読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

作家
サン=テグジュペリ
芹生 一
出版社
阿部出版
発売日
2018-04-02
ISBN
9784872426601
amazonで購入する

新訳 星の王子さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

結論から申しましょう。今回、訳違いで読み比べた15冊+αの中で、この訳が断トツで素晴らしかったです☆ ■子供に語りかけ、子供にも読める文体なのに、子供に媚びない。ファンタジーとリアルの融合が大人の読者にも違和感なく。王子と飛行士が個を尊重しあい対等に関わっている。全てのキャラが確立していて、物語の細部と齟齬がない。薔薇の見栄っ張りで自惚れ屋な所作に見え隠れする可愛らしさといじましさ、そして王子の後悔のバランス。他の訳で読んで気になっていた矛盾が全て解消されていました✩⡱(1943年、2018年訳) (→続

2019/12/31

aloha0307

もう何度も読んできましたが、新訳 に惹かれ&飛行機のなかで読んでみようと思い立ち、先の与那国島旅行からすこしずつ..いま読了。本書は再読の度に新たな発見があります。王子とバラ(117頁ではじめてこの花は薔薇だったとわかる)の恋 両思いだったのに..「まだ子どもすぎて、どうすれば彼女を愛することが出来るか、分からなかったんだ」と、悟ったときにはもう... 本書は、王子さま でなく 王子 と呼びかける。語り手は相手が「王子」という地位にあるからではなく、子供と侮らずに大人と対等と考えているからではないかな。

2018/09/24

マカロニ マカロン

個人の感想です:A-。祝!読んだ本1800冊目!芹生一さんの翻訳。2018年出版で芹生さん二度目の新訳。本作の特徴は「王子さま」とせず「王子」として、語り手の「わたし」と対等な立ち位置に置いたこと。訳文は内藤さん的な子どもに読み聞かせるにも適したような文体を採っている。本のサイズも通常の単行本サイズなので、文字の大きさ、行間、イラストのサイズや色と配置、紙質などいずれもよく考えられている。価格は1540円(税込)と『星の王子さま』では(たぶん)最高値だが手元において繰り返して読むなら、満足度は高いと思う。

2020/10/07

kikupika

連休にマダガスカルに行き、バオバブを見たことから、何十年かぶりに読もうと思い立ち、新訳を読んでみた。「大切なことは目には見えない」ということしか全く覚えておらず、微妙に記憶があるものの、最後は、こんな話だったかと思った次第。バオバブが悪く書かれているのに気分を悪くしつつ、訳のトーンのせいなのか、個人的にPetit Princeと友人になるのはちょっと難しいと思った。訳者あとがきによると、飛行士と王子の対等性をあらわそうとした工夫が書かれていたが…、他の訳もいくつか読もうっと。

2019/05/29

ショウ

ものの見方、捉え方を再認識させる話だった。物を見るとき、私たちはその形や色を見るし、人だって、やってることを直視してしまう。でも、直視などせず、それへの情熱、愛、etc、「目に見えないもの」を大切にしないといけない。心からの関係が人を幸せにするのだと思った。

2020/05/17

感想・レビューをもっと見る