読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いまを楽しむ人生論―人は、4回生まれ変わる

いまを楽しむ人生論―人は、4回生まれ変わる

いまを楽しむ人生論―人は、4回生まれ変わる

作家
森毅
出版社
イーストプレス
発売日
0000-00-00
ISBN
9784872575675
amazonで購入する

いまを楽しむ人生論―人は、4回生まれ変わる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おみか

人生を80年と考えて20年区切りで4回の人生を生きるという考え方。 そして4回それぞれの人生をどんなふうに考え過ごすべきかが書かれてある。 そうだよな・・・置かれる立場も求められるものも変わってくるのだから 自分自身も変わらなきゃいけない、または、自ずと変わってくる時って くるよね。 週3回でも焼肉食べられてたのが、月1程度で満足になる。とかね。 これ・・違うか。

2013/01/31

Go Extreme

第一の人生・役に立たない勉強:受験勉強が一生役に立ったらどんなに怖いか 本質的なもの・計りにくい 試験はゲーム ひとりっ子はこんなにお得 性格は複雑なほうがいい 上手に仲間はずれになる のめり込んだ体験 危険なオタク文化 第二の人生・仕事をもっと楽しむ:適職探し・赤い糸幻想 フリーで生きる 州張力<分散力 第三の人生・新しい自分に生まれ変わる:僕は第三の人生で生き返った 40歳からのコース 第四の人生・年をとるほど自由に生きる:絵になるおじいさん、おばあさんがいる町 夫婦はお互いに自立 昔をひきずるのは損

2021/05/14

たけたけっ

若い頃にハマったこと、のめり込んだことが人生が進んで行って効いてくるという話は、かまやつひろし「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」みたいだ。深くうなづく。

2020/12/05

感想・レビューをもっと見る