読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち

店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち

店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち

作家
猫夫人
天野健太郎
小栗山 智
出版社
WAVE出版
発売日
2016-03-05
ISBN
9784872907933
amazonで購入する

店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

へくとぱすかる

ネコ本3冊目。台湾の店先にいるネコちゃんたちの日常。元はネズミを捕るから、というので飼われたネコも、どんどん普通に愛玩ネコになり、ついには店の看板ネコに成長。日本から会いに来るファンがいるのにも驚き。商店の雰囲気が、日本とよく似ているせいか、ネコちゃんたちにも親しみがわきます。カメラマン・筆者の猫夫人(もちろんペンネーム)も、ネコと一緒に一枚ずつ、本文とカバーに出演。お店の人も、ネコを撮りに来たと聞いて、よろこんで撮影許可。店先でミュージックソーを演奏してくれたおじいちゃんもすごい。お元気でいてください。

2021/01/21

kanata

台湾都市部の店猫を集めた写真集。著者の夫は猫診察の第一人者で「猫博士」と呼ばれ、「猫博士夫人」だからこのPN。岩合さんのネコ歩きの台湾編、猫村での撮影は彼女が手伝っているそうだ。猫村なんて日本人もたくさん行ってるんだろうな。【新荘の花屋さんでポールダンスをする猫】、動画で観てみたいと思わせる、動きのある写真だった。全体にカラフルな商品が並び、猫に寛容な店主と飾らない街並に惹かれる。(箱のなかの商品が減ってきたらその隙間にすかさず入る猫などは、日本だと、猫好きにもちょっとね…って言われちゃうんだろうな)

2018/05/16

G-dark

まるで、自分が台湾を旅しながら、行く先々のお店で猫を撫でているかのような気分になれる本。単に「店主が飼い猫を看板猫にしている」というわけではなく、「店主とお客さんが街ぐるみで猫を可愛がっている」という感じが伝わってくるから、読んでいると幸せな気持ちになれます。猫たちはまるで「自分がここに居るだけで人間が喜んでいる」ことを自覚しているかのように、嬉しそうな、得意そうな、何とも言えない表情をしています。日本のお店にも時々看板猫が居るけれど、国は違っても、どこの看板猫もみんなに愛されているんですね。

2019/10/19

まず注目すべきは、猫が店頭にいるおおらかさ!猫がいる街角の風情も、異国情緒と、人と動物との垣根の低さを感じさせてくれる。

2016/03/27

Kaori Wakui

【受贈】台湾の店に住んでるかわいい猫たちの写真がいっぱい。また台湾に行きたくなるから彼らは招き猫ですね。ほのぼのしていて、時折本を覗いては癒やされてます。

2017/04/05

感想・レビューをもっと見る