読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

あの映画に、この鉄道

あの映画に、この鉄道

あの映画に、この鉄道

作家
川本三郎
出版社
キネマ旬報社
発売日
2018-10-03
ISBN
9784873764610
amazonで購入する

あの映画に、この鉄道 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

それいゆ

ほとんどが観たこともない映画でした。寅さんは全国津々浦々で撮影しているのですね!「男はつらいよ」のロケ地めぐりの本かと錯覚するくらいでした!下灘駅が全国的に夕日が素晴らしいと知られる前に、寅さんがベンチで寝ていたとは!亀嵩駅は「砂の器」を観てぜひ一度訪れたい駅でした。息子がたまたま出雲の大学に合格したので、家族で三刀屋の永井隆記念館を訪問した後で、念願のこの地を訪れました。駅舎内の蕎麦屋で食事をしましたが、蕎麦屋が余計だったので映画のロケは別の駅で行ったことをこの本を読んで初めて知りました。

2018/12/18

あきあかね

 北海道から九州まで、日本映画に登場する鉄道を取り上げた一冊。まだ観たことのない昔の白黒映画から、『この世界の片隅に』や『海街diary』のような最近のものまで、時代を超えて数多くの作品が網羅されている。内容面でも、高倉健の『鉄道員』や『駅 SATATION』といった正に鉄道がメインのものだけでなく、『がんばっていきまっしょい』や『青春デンデケデケデケ』、『雪に願うこと』等のさり気無く鉄道が現れる映画もしっかり押さえられている。 現れては消え彼方に流れ過ぎてゆく景色、同じ空間、人生の一瞬を共有する客車⇒

2020/12/31

オサム兄ぃ

読むと映画を見たくなり、映画に写った光景を探しに旅に出たくなる、ある意味で贅沢な本だ。本書をガイド役に日本全国を巡るには3年から5年はかかるのではないだろうか。紹介される名シーンを深く味わいながら映画を見るだけで大層な時間が必要に違いなく、また訪ねる路線、土地には四季それぞれに美しい景色があるに違いないのだから。一番訪ねてみたいのは、十勝地方を走る士幌線のタウシュベツ川橋梁。130メートルの11連アーチ橋の姿が美しいばかりか、ダム湖の湖底にあって、水位の下がる冬にしか姿を現さない「幻の橋」なのだという。

2019/01/13

さざなみ

あとがきに「一般に映画好きの鉄道ファンは少ないし、鉄道好きの映画ファンもあまりいないから」とあるが、私はそのあまりいないではない、少数派なのかな。 とにかく著者とは同年配であるので次々と出てくる映画俳優の名前も懐かしく、見てない映画が大半であるが興味深い内容のオンパレード。 時代の移り変わりで廃線になった鉄道の多いこと、利用したことのある駅や列車を懐かしく思いながらの読書でした。

2019/02/23

感想・レビューをもっと見る