読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うたかたの国 ─日本は歌でできている (Seigow Remix)

うたかたの国 ─日本は歌でできている (Seigow Remix)

うたかたの国 ─日本は歌でできている (Seigow Remix)

作家
松岡正剛
出版社
工作舎
発売日
2021-01-26
ISBN
9784875025245
amazonで購入する

うたかたの国 ─日本は歌でできている (Seigow Remix) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Tenouji

松岡正剛氏の歌について書かれた言葉を再編集した、正に編集工学の成果本。和歌については、知識が乏しく、なかなかどうして読むのに苦労する。が、内容は和歌にとどまらない、声を出す歌など日本文化そのもの。最近読んだ『野生の声音』や『江之浦奇譚』と、強くつながる内容で、このような文化を持つ民が、SNSに浸るとどうなるのか、とあらためて考えてしまった。日本を見直すのに、思想的なガイドとなる書。再読しよう。

2021/05/29

岡本 正行

いい本です。この本の茶者は、きっと本、もっといえば日本文学がこころから好きな人だと思います。自分の深淵を論じ立てるわけではない。あれやこれや言うわけでもない。淡々と、文学はどうなのかを語っている。また読み直したい。いろいろな日本文学を、自己流で語っている。

2021/03/27

せかいのはじめ

「歌」「歌謡」を軸に少しずつ現代につながっていく流れが心地よい。さらさらと読めるほどの知識を持っていないので、調べながら読んでいくとあっという間に時間がたってしまう。実はこの本の風情をTwitterにのせて、発信したいのだが、相当時間がかかりそう。でも、それも楽しみ。

Gaudi

歌は「訴ふ」。何かのメッセージを込めて口から発するもの。 古来日本人は歌を作り続けてきました。時代や思想を織り込みながら、さらに次の時代も歌い続けていくのでしょう。 私は何を歌にするか。

2021/07/03

感想・レビューをもっと見る