読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

作家
金子國義
尾崎翠
開高健
澁澤龍彥
古川緑波
倉橋由美子
隆慶一郎
筒井康隆
山田風太郎
C・W ニコル
谷崎潤一郎
伊藤計劃
夢野久作
芦原すなお
青木正児
上村一夫
村山槐多
南條竹則
北大路魯山人
太田忠司
三島由紀夫
清水義範
中井英夫
澁川祐子
小林秀雄
色川武大
中島らも
内田百閒
石井好子
種村季弘
長沢節
津原泰水
森鷗外
森茉莉
夏目漱石
正岡子規
出版社
芸術新聞社
発売日
2015-01-26
ISBN
9784875864158
amazonで購入する

たんときれいに召し上がれ 美食文学精選 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たんたん(休みます)

色んな作家さんの食に関するお話が盛りだくさん。本当にあるお店も載っていていつか行きたいと心ときめく。特に神戸、神戸ってすごいな。贅沢な作家さんばかりでホクホクしっぱなし。内容も絵日記、エッセイ、ファンタジー、ホラー、ミステリー、童話、漫画と楽しませてくれる。ちょっと難しい話もあり全部きれいには食べきらなかったけど…。一番楽しめたのは筒井康隆さんの「薬采飯店」。料理で悪い所を治してくれるお店。でも、食べた後に凄い事が起こる。根性無しの私にはチャレンジ出来ないわ。

2016/10/28

mizuki

石井好子さんの『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』目的で図書館から借りて読んだ。フランス人はあまり卵を食べてはいけないと決めているので、卵を食べるときは、できるだけおいしく、また自分の好みにあった食べ方をしようと心をくだくそう。オムレツの手順が丁寧に書かれているため美味しそうなオムレツが食べたくなる♡ 今夜は野菜をたっぷり入れたオムレツにしよう♬

2016/02/19

辛口カレーうどん

食に関するエッセイや短編がぎっしり詰まったこちらの本は、編者が津原泰水だけあって、なかなかの曲者そろい。食べるという行為は、自分が生き延びるために、他者の命を奪う行為であり、野蛮で生々しいものだ。そんな生々しさが強い作品もあれば、食事は生命維持というより、趣味である人の作品は、知的で高尚な雰囲気がある。ああ、お腹いっぱい。ご馳走さまでした。

2015/08/20

くさてる

36編の食に関するエッセイや短篇小説を集めたアンソロジー。堅い内容から柔らかいもの、美食から身の回りの食、外国から国内、ミステリーから私小説まで、その内容は幅広く、ぶ厚さも気にならないほど楽しく読めました。選者である津原泰水による、痒い所に手が届くような解説も良かった。有名作も多く収録されていますが、それだけ粒揃いの内容だということでもあると思います。食に関する文章がお好きな方にはおすすめです。

2015/04/10

はるき

図書館本。分厚さにニヤリ。アンソロジーのための描き下ろしではないので、どこか無愛想な雰囲気の作本が多い。超メジャーからそうでない(?)幅広い面子。家族の食卓から宮中晩餐会まで取りそろえた贅沢な一冊。漱石と正岡子規の下りがどこか寂しい。

2015/04/06

感想・レビューをもっと見る