読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ねこのふしぎ話

ねこのふしぎ話

ねこのふしぎ話

作家
やまだ紫
出版社
興陽館
発売日
2021-08-11
ISBN
9784877232771
amazonで購入する Kindle版を購入する

ねこのふしぎ話 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

やまだ紫の猫を描いた話ばかりを集めた『ねこのふしぎ話』。猫漫画で言えば『性悪猫』という名作があり、詩画集『樹のうえで猫がみている』もあるやまだ紫だが、彼女にとって猫は、日常そのものだったのだなと、本巻を読んで改めて思う。猫との暮らしを綴ったエッセイ漫画「こうして猫がふえたりへったり」が特にいい。大変だとわかりながらも仔猫をもらってきたり、迷い猫を保護したり、それは猫好きという動機とは別の、何だかもうほっとけないというシンプルな気持ちがそうさせているのだろう。(つづく)

2021/08/15

Sakie

描かれたのは昭和。人と猫の距離感って、いつの時代もこんな感じなんやろなあ。いるのが当たり前の日々。ちょっとうっとうしい日もある。でも笑えるわけでもない、泣けるわけでもない、ほんの小さなエピソードがとても大事で。でも言葉にしたらやっぱりあまりに些細で、他人には届かなくて。『こんなに 問いかけてくる瞳の奥が 空っぽなわけがないよね』。逝った猫への消えることのない追慕の気持ちも、その気配が家の中に現れるのを心待ちにする気持ちも、この著者なら当たり前のことのように「わかるわ」と言ってくれそうな気がした。

2021/12/02

感想・レビューをもっと見る