読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かくし念仏

かくし念仏

かくし念仏

作家
和田はつ子
出版社
幻冬舎
発売日
0000-00-00
ISBN
9784877282493
amazonで購入する

かくし念仏 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さといも

図書館本。力作です。1ページ2段仕様で600ページ超え。今回はアイヌ、仏教、安藤昌益、食、隠れキリシタン、かくし仏について勉強。論文を巡る連続殺人事件、水野の元カレが大麻で変死する事件、日下部の妹が行方不明になる事件、この3つの事件に共通するキーワード、黒幕は?3部構成になっていて正直1部は勉強ばかりな感じがしてなかなか気が乗らなかった。けれど2部からの追い上げが凄かった。ずっと読んでいたいくらい面白かった。最後に日下部さん、色々鈍い人よね。

2017/05/02

散歩いぬ

アイヌの血を引く大学准教授が「安藤昌益」をキーとした事件に巻き込まれつつ真相を求める。 ミステリとしては、伏線・決着のつけ方に納得いかないものの、元禄時代の医師であり思想家の安藤昌益と、アイヌ・浄土真宗・キリシタンなどの大きな関わりの考察が魅力的。長編ながら飽かずに読ませる吸引力がある作品。

2010/03/04

ソーダサイホン

かなりの長編。そのせいか多少齟齬がみられる。しかしそれを差し引いても面白く引き込まれる。

2009/02/25

noekure

力作なんだろうけれど、イマイチ。

2015/10/01

Ranko Taguchi

100

2004/01/01

感想・レビューをもっと見る