読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山崎まさよし

山崎まさよし

山崎まさよし

作家
山崎まさよし
出版社
幻冬舎
発売日
1998-12-01
ISBN
9784877282769
amazonで購入する

山崎まさよし / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

お涼

いつか防府市を訪れてみたい。

三枝

もう何回かわからんくらいの再読。故郷の風景が変わってないようで随分変わってしまった。オルプリートもブギハウスもなくなってしまったし。さみしい。部屋の写真が小奇麗にしてるけど男の一人暮らし感溢れていて好き。

2015/06/18

明星ことこ

山崎まさよしさんに興味を持ち始めたのは2年くらい前、、だったかな、どんどんドンドンはまりこんで今はもう彼の歌声なしでは生活できない。 こういう種類のタレント本を読んだらもしかするとガッカリするかもしれない、嫌いになるかもしれない、嫌いになりたくないから、と手をつけないできたけど、もう何があってもどんな物でも大丈夫、彼の今までを知りたい欲の方が強くなって購入。まずはこれから。 彼のことを見つけ出して、育てた人たちの愛に溢れた本。 彼のことを見つけてくれて、育ててくれてありがとう。

2018/05/29

tatte

購入。

エグゼ

読んでるうちに、ゆったりした気分になった。

2012/02/19

感想・レビューをもっと見る