読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

漱石深読(そうせきしんどく)

漱石深読(そうせきしんどく)

漱石深読(そうせきしんどく)

作家
小森陽一
出版社
翰林書房
発売日
2020-04-22
ISBN
9784877374471
amazonで購入する

漱石深読(そうせきしんどく) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

すぐれた小説の冒頭部には、その全体像が刻み込まれているはずだという持論から、冒頭四百字前後を引用し、その分析から全体を見通すということを「吾輩は猫である」から「明暗」まで13作品を俎上にあげている。一文毎に人称、文体、呼称、テーマを細かく分析し、論文を読んでいるようだった。漱石が「吾輩は猫である」の英訳を「I AM A CAT」を可とするも、海外の友人へ「a cat speaks in the first person plural, we」と訳しており、自身の小説の英訳本を書いたら面白かっただろうな。

2020/09/10

Sosseki

「深読」という題の通り、こじつけ、考え過ぎと思えた部分もあったが、今まで気づかなかった視点がいっぱいで面白かった。虞美人草が「四面楚歌」の話だったことも、全く知らんかったし、作品中にその時々の時事問題が埋め込まれていることも指摘されなければ現代人にはなかなか分からないと思う。もう一度読み直したくなった。

2020/06/12

感想・レビューをもっと見る