読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

図書館の「捨てると残す」への期待と不安 (多摩デポブックレット 12)

図書館の「捨てると残す」への期待と不安 (多摩デポブックレット 12)

図書館の「捨てると残す」への期待と不安 (多摩デポブックレット 12)

作家
永江朗
出版社
共同保存図書・多摩
発売日
2018-10-20
ISBN
9784877515874
amazonで購入する

図書館の「捨てると残す」への期待と不安 (多摩デポブックレット 12) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カラス

話は桑原武夫蔵書廃棄問題から始まり、本を残すということはどういうことかという考察、そして、図書館には時間も場所も無く蔵書を贈与されても困ることが多いので、いっそのこと古本屋に売った方が必要な人の手に渡る、そう勧めているということ、ここまでが前半。後半は、図書館・新刊書店・古書店はそれぞれ役割が違うので、図書館がキラキラした新刊大型書店を目指さなくてもよいという話から、出版産業の危機は「活字離れ」ではなく「出版流通システムの危機」というべきみたいな話へ。50ページ弱の割には密度の濃い本で、なかなか良かった。

2019/12/04

ウリエル

確かに「読書離れ」が叫ばれてはいるものの、実際に人口は減っている。読む人自体が減っているから、本自体が売れなくなっているのは当たり前かなと思うところがある。ただ、最近の読書方法も変化していて、冊子として手に取れる本だけではなく、電子書籍が増えている。私はどうしても電子書籍は慣れなくて、紙の方が「読んだー!」という達成感や充実感を味わえる気がする。皆さんはどうなのだろうか?いろいろ考えさせられる本ではあった。

2019/07/21

感想・レビューをもっと見る