読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

主夫と生活 My Life as a Househusband

主夫と生活 My Life  as a Househusband

主夫と生活 My Life as a Househusband

作家
マイク・マグレディ Mike McGrady
伊丹十三
出版社
アノニマ・スタジオ
発売日
2014-11-20
ISBN
9784877587321
amazonで購入する

主夫と生活 My Life as a Househusband / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とりもり

伊丹十三の翻訳が秀逸。コラムニストの著者が奥さんと役割を交代して、主夫として過ごした1年間の記録(というよりはエッセイか)。最後は契約を取り交わして共働き夫婦になって終わる訳だけど、見事にその先の社会の動きを先取りしていることに感心。もっとも、この夫婦が共働きを選択した理由は「仕事」という自己実現を達成したいからお互いに専業主婦(夫)を選択しなかった訳だけど、少なからぬ現代の共働き夫婦は「生活」のためにやむなく共働きを選択している点が異なるかも。それを於いても、首肯できる部分が多くて楽しめた。★★★★☆

2016/10/06

akiu

新聞社のコラムニストが仕事を辞め、妻と役割を交換し、主夫となった1年間を振り返るエッセイ。1970年代という時代を考えると驚きもありますが、肝心の主夫業は何とも中途半端な感じではあります…。料理は楽しいからハマって当たり前。掃除はハナからする気がないし、洗濯も挫折。…これはツッコミ待ちなのか? などと言いつつも、文章はユーモアがあってたいへんよかったです(伊丹十三の翻訳がいいのかも)。主夫を経て、新たな価値観を見つけた喜びや戸惑い等、様々な感情が文章の端々から感じられ、とても面白かった。

2015/10/15

mayumi

少し昔のアメリカのお話し。夫が主夫に、妻が外へ働きに。妻のスタンダードとされていた愚痴や不満が、責任を入れ替えると主夫の口から出るようになるのが楽しい。子供はいずこも文句ばっかり! 訳が上手なんだろうなと、読みながら思った。 訳者の後書きは、大昔の人達の価値観といのを前提に読んだ。(ほのぼの幸せはお母さんと一緒の幸せ。お母さんは必死では?) 新しい後書きを読んだら、なんかモヤっとしたが、それを解明するほど読み込む気はない。トップレスバーと飲酒運転への羨望が読後感になってしまった。

2019/12/01

茶坊主

訳が伊丹十三さんだったので。 有能な専業主婦だった妻が、趣味で成功して、いっぱしの実業家に。その分、家事がおろそかになり、夫が職を辞して専業主夫に。 お約束のどたばたを経つつも、共働きの着地点を見いだしていく、1年の記録。「主夫」になった夫が、どんどん「主婦」かしていく姿が笑える。でもこれ、40年前のアメリカの話。「イクメン」で騒いでるご時世。まだまだ、発展途上か。

2017/02/27

ニケ

のんきにやっているように見えても主婦は色々と大変なのよ。 妻との役割を交換して、1年間主夫をやった著者がたどり着いたのは、社会復帰でガッカリよ。学生の頃、憧れていた男の先輩が「主婦は社会に参加していない」と言っていた事を思い出したわ。

2015/10/29

感想・レビューをもっと見る