読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

男おひとりさま術

男おひとりさま術

男おひとりさま術

作家
中澤まゆみ
出版社
法研
発売日
2010-06-01
ISBN
9784879547996
amazonで購入する Kindle版を購入する

男おひとりさま術 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Twakiz

未婚や死別離別などで「シングル高齢男性」になったときどう生き延びるか?の現実的なノウハウ本.心構え論ではなくて具体的な方法論の本.家事など生活力の自立,経済的な部分(健康保険はどれに?失業保険や年金の上手な受給方法)や地域での居場所の作り方,身辺整理の仕方など.しかし「自分には職場以外の人間関係がなく亡くなった妻の友人女性に助けてもらう」的なシチュエーションは情けないけど自分もそうなりそう・・自分の方が早く逝くに越したことはない・・・?

2019/10/04

Kaz

来年、生誕50年を迎えるにあたり、人生の後半戦に臨むヒントが得られるかと思い読んでみた。男一人で生きて行くには、お金、食事、人付き合い、健康、医療、介護、終末など多々考えなければならないことが分かった。仕事だけでも大変なのに、こんなにあるのかと正直クラクラするが悩んでいても仕方がない。ならば、自分のリソース配分を仕事40%、私生活60%とすることを一つの基準とすることにしよう。やはり、「やらなければならない事に追われる人生」はつまらないもので、「やりたい事を追い続ける人生が」があるべき姿勢だ。

2017/12/12

ばちゃ

父の今後のために読んでみた。男性が妻に先立たれた場合、どのように生き抜いていくべきかのヒントを著者が膨大のアンケートと知人の話を元に紹介している。50代中盤に父に読んでおいてもらうべきものだったなと。自分の居場所を会社以外に見つけることはなかなか容易でない。けどやり方によっては方法が色々ある。妻に先立たれたからといって自分の人生が終われるわけでわない。いかに自立し楽しく生きていけるのか、知識を持って、工夫して生きていくしかないのだ。

2017/02/19

壱萬弐仟縁冊

重要箇所はゴシック太字。「買い物も料理も『慣れ』」(22ページ)。その通りだと思う。評者も自炊していた時期がトータル5年あった。食事術10カ条は、朝食、楽しむ、1汁2~3菜、中食活用、レトルト・冷凍・缶詰利用、味を楽しむ、鍋料理、演出、片づける、計画的献立(35ページ)。老化しても自活できる生活力量↑が肝腎。医者にかかる10箇条は、メモ、あいさつ、自己責任、自覚症状と病歴、見通し、変化の伝達、確認、質問、医療も限界、方法を自分で決める(61ページ)。インフォームドコンセントだからな。ピンピンコロリがいい。

2013/01/30

紅井流星

昨年50歳になった未婚の男おひとりさまなので、試しに読んでみたが既婚後におひとりさまになった方に比べ生活面ではそれほど困らないと思った。しかし、病気になった場合(特に介護になった場合)は、困るだろう。それと年金が貰えるのがは65歳からなので最低70歳までは働く必要があるな。できれば75歳まで・・・

2015/04/25

感想・レビューをもっと見る