読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

将棋の駒はなぜ歩が金になるの? (ちしきのもり)

将棋の駒はなぜ歩が金になるの? (ちしきのもり)

将棋の駒はなぜ歩が金になるの? (ちしきのもり)

作家
高野秀行
出版社
少年写真新聞社
発売日
2019-09-13
ISBN
9784879816849
amazonで購入する

将棋の駒はなぜ歩が金になるの? (ちしきのもり) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

将棋の歴史や楽しみ方がわかる。字が大きくふりがなあり、小学校中学年から読める。[第1章:将棋の歴史を知ろう]起源はインドのチャトランガ[第2章:頂点を目指せ!将棋界おしくみ]羽生さんと藤井さんどっちが強いの?疑問形にしといて”楽しみですね”とは卑怯だ[第3章:将棋を楽しもう]ルール、反則、礼儀作法[第4章:コンピュータと人間、どっちが強いのか?]大学の教授にインタビュー。だから、疑問形に答えなし。▽ルールについてはよくわかる。戦術についても少しだけある。

2020/01/17

私的読書メモ3328

書名の問いの答えは「わからない」でズッコケますが、大元の起源と考えられるチャトランガから、現在に至るまで、将棋の歴史を子供向けに優しく書いた本でした。ただ、ネタがなくなったのか、後半からは基本的すぎる将棋のルール説明が始まり、それは違うだろう、とまたズッコケました。最初と最後に大きくズッコケさせられたので、どうにも残念な出来だと感じます。これはまあ、編集の責任でしょう。

2019/12/01

感想・レビューをもっと見る