読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思春期心中 (おそい・はやい・ひくい・たかい No.108)

思春期心中 (おそい・はやい・ひくい・たかい No.108)

思春期心中 (おそい・はやい・ひくい・たかい No.108)

作家
岡崎勝
東浩紀
岩宮恵子
木ノ戸 昌幸
出版社
ジャパンマシニスト社
発売日
2020-02-25
ISBN
9784880496580
amazonで購入する

思春期心中 (おそい・はやい・ひくい・たかい No.108) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小鈴

図書館にあったのでうっかり東浩紀「子育てにある加害性」を読んでしまった。育児を加害/被害で読むのは筋が悪い気がするんですが、大人になれない親が自分の加害性から目を背け被害者の立場で「のみ」語ることを批判したい気持ちは分からないでもない。でも、そう言っている東浩紀本人が育児のせいでやりたい仕事ができない「代償」を払ったと言っていて被害者意識が強い笑。「反出生主義」を基本的に子どもの立場から見た哲学と言い切っているが、それはそうやろな、としか。。。

2020/06/23

海戸 波斗

今を嘆くのなら、お婆さんは川で洗濯してろよ。相談をうける人々のありがたいご高説よ、ごもっともです。たくさんの大人になれない相談者達がいます。情けなくみっともないこと言ったり、やったりしてますよって教えて貰ってもな。困ってる人の手助けとかになるのかな、見下される相談ってしたくないよね。次は私もそっち側に行きたいな。なんで、手に取るんだろ憧れてるんだろうな。ダメ絶対。ごめんなさい。

2020/04/11

感想・レビューをもっと見る