読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8)

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8)

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8)

作家
新井素子
出版社
出版芸術社
発売日
2019-07-17
ISBN
9784882935209
amazonで購入する Kindle版を購入する

星から来た船 下 (星へ行く船シリーズ8) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

図書館本。大混乱でバタバタしましたが、なんとか話はまとまった、みんなお疲れ!ーー本編に対する感想がこんなザックリになってしまうのは致し方ない。なぜならわたしの心は最後のボーナストラック(あゆみちゃんが出て行った18年後のお話)に全て持っていかれてしまったのです。よかった、よかったよ、号泣。「星へ行く船」シリーズここに完結。本当に素敵なお話でした。心からありがとう。

2019/11/14

えみちゃん

さて、前作で迷子⁉(笑)の赤ちゃん祥子ちゃんを祖父母の元に送り届け無事任務を終了したご一行さま。ところが宙港を占拠したテロリスト⁉(笑)たちの人質になる。(←もちろん、祥子ちゃんたちが・・笑)当然乗りかかった船・・っということで救出を試みる水沢事務所ご一行さまでしたが・・。しかし、このメンツが揃うと・・。水沢事務所の常識人麻子さんといえども理性の糸が切れちゃうよねぇ・・。(笑)今作書き下ろしでその後のあゆみちゃんと再会といううれしい特典付き♫麻子さんの「おかえりなさい」の言葉が重みをもって胸にしみます。

2019/07/24

Imax

幼い頃から読み続けてきた長い長い物語が完結した。この本に出会えたことは私にとってとっても大きな意味があった。心が柔らかい時期に、この作品に出会えたおかげで乗り越えられたものもあったし、少なからず影響も受けた。だから、エピローグともいえる「お帰りなさい」は感慨深かった。(えっ!?あの状況で子供を産んだのか?というツッコミはさておき笑) 私は反発しながらも惹かれ合う2人という設定が好みだったりするので、太一郎さんにはあゆみちゃんよりも真樹ちゃんを選んでほしかったけど、でもでもやっぱりこのシリーズが大好きです♡

2019/09/02

タケシ

下巻読了。 上巻・中巻と長い前フリでようやく事件発生したと思ったらトントン拍子で解決。 良くも悪くも「新井素子作品って、こうなんだよなぁ」と溜め息を付きながらエンディング。 新井素子という作家がいなければ、現在の「ラノベ」と言うジャンルは開拓されていなかった事を思うと、そのフロンティアスピリットには敬意を表します。 そして、この作品最後に収められた書き下ろし短編で「星へ行く船」シリーズは見事に完結。 むしろ、この短編の為にシリーズ復刻させたのかも。 我々の長い旅も、ようやく終わりです。 ありがとう。

2019/12/08

やすお

新井素子を堪能した。捨て子騒動だけども大きなものだが、さらに別の大きな騒動に巻き込まれる。本作品は麻子の視点で語られるのだが、物語の都合上、麻子が知らないエピソードも麻子が語る。小説としては非常識だが、それを違和感なくできるのが新井素子の腕なのだろう。下巻はハチャメチャで都合よく進み、楽しさしかない。そして、書き下ろし短編の「お帰りなさい」は、「星へ行く船」の後日談。あゆみちゃんと太一郎が帰って来るのだ。「星へ行く船」で気になっていた部分が改めて短編となって読めるのに感動した。

2019/12/28

感想・レビューをもっと見る