読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

川の学校

川の学校

川の学校

作家
野田知佑
出版社
三五館
発売日
2012-05-23
ISBN
9784883205585
amazonで購入する

川の学校 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドナルド@灯れ松明の火

素晴らしい。アウトドアの名人達が川ガキを育成するために吉野川で開いた川の学校。水温が温かくて魚が沢山いた日本の川が国交省のお蔭でダム・護岸、林野庁の杉の植林で川の栄養がなくなり、川が濁り魚が激減した。教師も親も泳げなかったり川遊びの楽しさを知らない為、川やプールで自由に遊ばせることを恐れる。一切禁止ルールはなく川で自由に遊ばせると子供たちはどうなるか。子供達はたちまち川遊びの虜となり、魚獲りや飛び込み、切出しナイフを使い料理などを学び逞しく育つのである。こういう学校に子供を入れたかった。自分も入りたい位。

2012/08/26

hideboo

「川ガキ」って、とても響きのいい言葉です。自分自身も経験がないだけに、この講座にはとても憧れてしまいます。それにしても、僅か数回の体験だけで、普通の子供たちが「川ガキ」になっていくというのは、やはり運営する人たちの圧倒的な魅力によるものなんでしょうね。

2012/08/29

遊び人スズキング

この学校の10分の1くらいの事を、娘やその友だちを集めて体験させたかった。中止せざるを得なかった理由は、大人の身勝手で、子どもはそれに巻き込まれたものでした。それほど自分らの考えたイベントに自信がないなら、それを越えるものを考えればいいだけの事なのに、行動に移したのは、子どもを捕まえて、脅迫まがいの要求をするものでした。結局地元の行事なので自分が折れる形となり、目前で夢は消えました。部屋には娘がしおり用に描いてくれた絵が飾ってあります。それを見るたびに、また子どもたちを笑顔にしてやりたいと思います。

2015/09/21

Takahiro

僕は子供を川や海で遊ばせています。お陰で勉強はサッパリですが、OKです。日本は美しい川が沢山ありました。もう過去の事かもしれませんが。

2016/01/19

みーあ

いよいよ息子が川ガキデビューできる年齢に到達する!必ず申し込む!親とは異なる大人たちと関わり、世界を広めてほしい。

2016/01/03

感想・レビューをもっと見る