読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック (宣伝会議養成講座シリーズ)

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック (宣伝会議養成講座シリーズ)

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック (宣伝会議養成講座シリーズ)

作家
高崎卓馬
出版社
宣伝会議
発売日
2019-01-24
ISBN
9784883354573
amazonで購入する

面白くならない企画はひとつもない 高崎卓馬のクリエイティブ・クリニック (宣伝会議養成講座シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

うーん、微妙。事例がたくさん出てくるのはわかりやすいけれど、変に物語形式を混ぜたりするのが七面倒くさく感じてしまった。致命的なのはタイトルと中身の相違。たしかに、最後にタイトル通りのことは言ってるんだけど、あくまでも本の中に出てくる広告の企画に限った話で、もっと広く企画のことを指しているわけではないところがモヤモヤする。もちろん、拡大解釈はできるかもしれないけど、どうもどこに行くのかわからない本だった。

2020/07/06

kana

同著者の「はるかかけら」が大変素晴らしかったので、本職の方の本も手に取ってみましたが、こちらもよかったです。触発される。仕事の正解がわからなくなって鬱になりかけの後輩トミタくんの相談に乗りながら、感性的なクリエイティブをどう因数分解して面白くしていくかをロジカルに考えるという内容です。同じ思考回路を持つためには圧倒的にインプットアウトプットが足りませんが、気付きは多く、ハイライトが止まらない。いかに伝えたいことを説明せずに届けるか。プロの仕事哲学が詰まってます。これであんな小説も書けるんだからずるい。

2021/02/14

ねこさん

すごいなぁ。良くそんな発想が出るなぁ…と尊敬。CMメインだったので思っていた企画の内容とは違いましたが「大切なのは自分が何を思いつきたいか、を徹底的に考えること」は仕事でも意識していきたい。

2020/01/06

my

何が面白くて何がダサいのか。様々な事例を用いて、実際の絵コンテを見て、改善点を一緒に追えるのが楽しいです。特になるほどと感じたのは、自画自賛してる人を見てサムいと感じるのと同じで、わざわざお金を払って、特に大してスゴくないことを自画自賛する企業、それが究極にダサいということ。全ての広告が、サムくならずに、相手の心を震わせることが出来たなら、きっと世界はまた少しだけ、優しくなれるのかもしれないと本気で思いました。

2019/02/24

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

「企画と説明は違います。商品のことをただ説明している。マーケティング戦略の結論をただ説明している。考えたストーリーをただ説明している。それはひとの心を動かす表現未満のものなのんです。「伝わる」と「伝える」は違うということです」この言葉が刺さった。ここまでやり切ってこそ企画。

2019/04/12

感想・レビューをもっと見る