読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恋するザムザ (HARUKI MURAKAMI 9 STORIES)

恋するザムザ (HARUKI MURAKAMI 9 STORIES)

恋するザムザ (HARUKI MURAKAMI 9 STORIES)

作家
村上春樹
Jc ドゥヴニ
PMGL
出版社
スイッチパブリッシング
発売日
2019-03-20
ISBN
9784884184650
amazonで購入する

恋するザムザ (HARUKI MURAKAMI 9 STORIES) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

ナレーションで展開していく物語は、村上春樹らしさをダイレクトに表現しやすくなっている。また、寓話性の高い原作は、コミカライズにうってつけでもある。さらに言えば、カフカの『変身』をモチーフとしていることも、バンド・デシネと相性がいいし、フランスの読者を大いに刺激しただろう。とはいえ、これは恋の物語だ。「誰かに会いたいとずっと思っていれば きっといつかまた会えるものだよ」そこを楽しめばいい。

2019/06/26

こたま

目覚めたら人間になっていたザムザ。錠前の修理に来たせむしの女と言葉を交わすうち、どんどん彼女に惹かれていく。でも確かにこの女には不思議な魅力があるし、ちょっと友達になってみたい気はする。

2020/02/04

ハチ

この短編も読んだように思うが、漫画で読むとまた新鮮。

2019/05/13

縁川央

私の壊れた心の錠前を直してくれたあの人にまた会えるかな

2019/04/09

感想・レビューをもっと見る