読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【Amazon.co.jp 限定】希林さんといっしょに。(ポストカード付)

【Amazon.co.jp 限定】希林さんといっしょに。(ポストカード付)

【Amazon.co.jp 限定】希林さんといっしょに。(ポストカード付)

作家
是枝裕和
樹木希林
内田也哉子
出版社
スイッチパブリッシング
発売日
2019-09-14
ISBN
9784884184711
amazonで購入する

【Amazon.co.jp 限定】希林さんといっしょに。(ポストカード付) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

樹木希林の没後、数多の希林本が刊行された。その多くは、彼女の遺した言葉を紹介する人生訓といった内容のようだが、本書はそれらと一線を画している。是枝裕和は、6本の映画で樹木希林に出演を依頼している。にも関わらず、彼女の死後、告別式での弔辞以外は彼女を一切語って来なかった。彼女との約束もあったようだが、弔辞にすべてを込めたという思いもあったのだろう。是枝の書いた弔辞の全文を初めて読んだのは、「キネマ旬報」2018年11月上旬特別号での緊急特集「樹木希林の幕のおろし方」でだった。(つづく)

2019/09/25

ばんだねいっぺい

 是枝さんと希林さん、ふたりのラジオを聴く感覚で読める。森繁久彌、久世光彦、向田邦子、山田太一、加藤治子、杉村春子。するどい演技論と自分を貫く人柄の切れ味。影のように寄り添う裕也さんの存在が、出汁のように優しく香る。再読したくなる味わい深い一冊。

2019/09/21

啓蒙書が好きな主婦

希林さんの一周忌に合わせて出版された本は、是枝さんの希林さん愛に満ち溢れていました。このお二方は本当に馬があったのだなぁと対談の端々に感じられました。また、希林さんのおかしみと言いますか、そのユーモラスな発言は鳥の目と蟻の目の両方を持っていらしたからなのではないかと思いました。本著とは関係がないところですが、希林さんと安住アナとの掛け合いが面白かった『ぴったんこカンカン』はSWITCHのインタビューがネタ元だったのですねぇ。

2019/10/22

ochatomo

雑誌SWITCHで行った2008・2015・2016・2018年インタビューをもとに、カット部分の復活や著者考察を追加したメインの5章は「演じること」を希林さんから聞き出しながら数々の作品や人が語られていて、とても興味深かった 『キャンバスにおける自分の色の置き場所を考えて台本を読む』ことを文学座で教わり、動きながら台詞を言える身体能力をもち、慰謝料と不動産の話題が特に好きで、初めて出演したCMの「お醤油は○○醤油。しょうゆうこと。」を提案したのは友人で詩人の長田弘さんだったとか! 2019刊

2020/06/30

青木 ともこ

え、普通の嫉妬、、?いやーんもう、きゅうううん、、悶え死ぬかと思いました。本当に勘弁してください。それで是枝さんの嬉しみがこの本を?このまるごとが純なものを?もう、、わたしこの世に生まれてよかったと思いましたよ。こんな素敵な人生、景色、世界、お話。このものが表現される映画とか文章とか文化があってよかったとも思いました、ああ、人でよかった。最後のほうはボロ泣きです。橋爪功の声での弔辞の立ちのぼる記憶、震え、視線、気配。追悼の関係本ほぼ読破していますが、この満を持して出された是枝さんのこの本こそが、それです。

2020/03/10

感想・レビューをもっと見る