読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鬼完全図鑑

鬼完全図鑑

鬼完全図鑑

作家
小松和彦
青鳩子
イカサマひでお
池田正輝
裏花火
長内佑介
怪人ふくふく
月岡ケル
真平
白皙
永井啓太
NAKAGAWA
中山けーしょー
七海ルシア
森野ヒロ
出版社
東京書店
発売日
2021-06-25
ISBN
9784885744969
amazonで購入する

ジャンル

鬼完全図鑑 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hannahhannah

鬼たちを紹介する本。人間が鬼たちを成敗する話も載ってるが、人間側の戦い方が汚いものが多い。鬼と正面切ってやるにはストレングスが違いすぎるからだろう。坂上田村麻呂とかいうのは鬼殺しすぎ。とんでもない鬼スマッシャーだわ。彼が朝廷に命じられて鬼征伐に行ってるが、地方の力を蓄えてきた豪族とか、大規模な盗賊団の首領とかが鬼として伝承されてきたんだろうな。

2021/10/22

千代

日本の鬼達78体を紹介。人対鬼の戦いは見開きイラストとさっくり粗筋で分かりやすい。茨木童子の引き分け以外全部人側の勝利だけど。イラストがきれいで、鈴鹿御前、奪衣婆、牛頭・馬頭のイラストが特に好き。出典や伝承地域も掲載。沙悟浄が夜叉とか、閻魔大王も刑罰を受けるとか、神様として祀られた牛鬼とか知らないことも結構あった。巻末に用語集や、補足資料として地域名や時代区分、時刻を掲載してあるのも嬉しい。この本では、なまはげやあまめはぎ達は来訪神として紹介。

2021/07/10

感想・レビューをもっと見る