読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

困った時には星に聞け! (14) (冬水社・いち好きコミックス)

困った時には星に聞け! (14) (冬水社・いち好きコミックス)

困った時には星に聞け! (14) (冬水社・いち好きコミックス)

作家
あべ美幸
出版社
冬水社
発売日
2001-10-24
ISBN
9784887414723
amazonで購入する

困った時には星に聞け! (14) (冬水社・いち好きコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムック

再読。そうだ!清嶺、反省しろ~!そしてまたもや爆弾発言が!これを素で言うところが面白い。でもよかった、ラブラブに戻って一安心。

2011/08/10

シロ

[借り物]

2014/06/13

呉藍

宝の機嫌をとる清嶺って何気にツボです。甘やかしてる様子が微笑ましい。宝母って美人だな~。そして宝はその美人な母似、と。羨ましすぎる遺伝子ですよ、

2010/03/13

とうは

やっぱり父と亜也子さんフラグ〜〜!>< 今回は、宝が寝込んだり、モデルのことが本格的に動き出したりと、色んなお話があったなーという感じでした。二人の関係もなんだか…??あ、カメラマンのビーナスはやっぱ宝母なのかな?!

2010/07/12

レイタ

再読。暴言により登校拒否する宝。迎えに来る清嶺とデート。女だったら孕ませて結婚発言キター。こういうのがキモい清嶺。ほんとDQN思想だねぇ。宝風邪引きで薬口移し。結局謝って無いよなー。温泉サクラさん癒し。皓と亜矢子も恋愛しそうな空気。親父出国で孤独に泣く宝に側にいる事を約束する清嶺。叶わないと思いつつ泣く宝。オチとしていいシーンなんだけど(これがBLじゃなくてなんなんだ)文字に起こすと暴力暴言の後優しくする男だね…。由加里とモデルネタ。また宝の嫉妬。由加里は中坊時代のセフレなんだっけ?バリキャリで盛り過ぎだ

2017/11/16

感想・レビューをもっと見る