読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

困った時には星に聞け! (26)〈完結〉 (冬水社・いち好きコミックス)

困った時には星に聞け! (26)〈完結〉 (冬水社・いち好きコミックス)

困った時には星に聞け! (26)〈完結〉 (冬水社・いち好きコミックス)

作家
あべ美幸
出版社
冬水社
発売日
2005-05-20
ISBN
9784887416482
amazonで購入する

困った時には星に聞け! (26)〈完結〉 (冬水社・いち好きコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ムック

再読。この二人の関係性に名前をつけるのは難しいけど、お互いにとって必要不可欠な存在なのは確か。柏木&奥野コンビのとこもそうなんだろうな。空港のシーンが大好きです♪あべさん、いつかまた番外編をお願いします~!

2011/08/20

えむ

先日発売された「SUPER LOVERS」が凄く良かったので他の作品も読んでみたくなり「困った時には~」を読んでみました。もう、とても素晴らしい作品で26巻を一気読みしてしまった。清嶺が日夏との出会い、そして、別れを乗り越えて大きく成長してくれて嬉しい。人と人との出会いや出来事が人生にとっては宝物だという事を教えてくれる秀作。この作品のテーマが家族だったという後記の言葉が切なさと幸福感で一杯の胸に染み通ってきました。本当に素晴らしい作品に出合えて幸せです。どんどん上達される様が一挙に読んでみると良く分かる

2010/08/08

springday

再読。26巻とっとくか、売っちゃうか悩みながら最終巻だけ再読。もう少し、持ってようかな・・・。「神々の花園」って本当にあるのかな?南アフリカに奇跡的に存在する砂漠の花園・・・。サハラ砂漠へ行くのが夢だけど、こんな夢のような風景があったら素晴らしい。最後まで家族愛を感じるお話だった。

2010/11/15

シロ

[借り物]

2016/06/23

ジョディ

一気読み(の、割には何日かかかってしまったけど)登場人物、みんな魅力的なキャラで楽しかった。後半はいちゃいちゃがなくなってしまってちょっと寂しかったけど、それでもかわいかった。みんな大人になってそれぞれの道に進んで、それでもずっと大切な仲間。うらやましいな。

2016/01/19

感想・レビューをもっと見る