読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

困った時には星に聞け!(13) (冬水社文庫)

困った時には星に聞け!(13) (冬水社文庫)

困った時には星に聞け!(13) (冬水社文庫)

作家
あべ美幸
出版社
冬水社
発売日
2008-07-20
ISBN
9784887418325
amazonで購入する

困った時には星に聞け!(13) (冬水社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かなっち

お試しで1巻を読んだらハマっちゃって、全巻大人買いしました。イケメン揃いの学園&寮でのアレコレに、BLじゃないのにキュンキュンします。特に、主役の2人が、不器用にぶつかりながら、友情以上恋人未満な関係を築いていく過程に萌えまくります。13巻も、清嶺後輩のウザさが変わらず、読めば読むほど嫌い度が上がっています。そんな中、主役2人の、バイト中のイチャイチャにテンションが上がります。おまけに、柏木先輩達や麻生君達のイチャイチャも見れて、清嶺後輩がどうでもいいくらい嬉しくなって…。そんな幸せ気分で14巻へ。

2018/03/10

ふみ

中古本で105円でゲット~通常版コミックも全巻そろっているのに、大好きな作家様なので、2種類あってもイイかと思って、つい買ってしまった(-_-;)10巻~13巻ゲット一気読み(再読、再×?回だろう^m^)宝と清嶺のモデルのバイトに始まりひと騒動あり、その中で宝の新寮長就任?と宝と清嶺の周りは、いつもドタバタ!

2012/01/08

ツマサキ

まーた出てきたよ、どうしようもない女キャラが!今回の子達は個体認識出来る登場の仕方ではないものの、全くどうしようもない!読んでいてイライライラー!幼馴染の二人と清嶺姉以外、ロクな女が出てこない!骨を折ったり行方不明になったりと不幸続きの宝父ですが、ここで大きな役得。この二人がくっつくのはすごく嬉しい。

2010/12/15

usamomo

今頑張って全巻収集中なんです。残す所あと6冊・・・。しかも歯抜け状態・・・。でも1冊1冊としても、楽しめるしいい言葉も結構ありますね♪

2010/09/18

fuji*

再読

2014/04/14

感想・レビューをもっと見る