読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

綿畑の小屋

綿畑の小屋

綿畑の小屋

作家
ジム・トンプスン
福間健二
小林宏明
出版社
文遊社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784892571459
amazonで購入する

綿畑の小屋 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

書かれたのは60年前。それよりさらに前のオクラホマ。父は貧しく、弱く...、だから、より弱い者達を力でねじ伏せてきた。男が老いて少年が成長したら、繋がりに愛がなければ、力関係の逆転はクリティカルになる。貧しさがさらに彼らを追い詰めた。そして、持てる先住民とは何か?持たない者と線を引いた白人政府の罪がそもそも根っこにある。ドナの一途な気の強さが終始頼もしかった。硬質なトンプソンはいい。しかし、冒頭の石油業者の登場が最後まで私の心に影を落とした。「花殺し月の殺人」で石油と先住民殺害の悲劇を読んだ後では...。

2018/12/20

maja

オクラホマに於ける人種間の特殊性。そして主人公トムの家族関係の際どさ。その投げやりさはあきらめではなくむしろ不穏であり、しかし、何かしらの開放を待っているような気にもさせるが、彼は実に無防備に深みに嵌っていくのである。地主の殺害容疑が彼にかかる。事態はサスペンスフルにぐいぐいと進んでいく。一刀彫で彫られていくかたちを予想しても微妙に違っていくような。小さな生命に彼が無意識に気を留めた場面からは抜けるように空気感が変わり救いの予感が感じられてほっとした。

2018/12/14

Ayah Book

途中までかなり面白い。南部物をトンプスンさんが書くとこうなる。貧乏白人の地位はこの時代から底辺。捨ててあったサンドウィッチを盗み食いしようとする貧乏の哀しさ。しかしこの主人公はまともだ。ちょっとカッとなりやすいところはあるが、悪い人間ではない。今まで読んだトンプスンさんの作品で、こんなにまともな主人公は初めてだった。そこがちょっと期待とは違った。。。

2019/01/31

hikarunoir

少年犯罪ものの一変種。題に反し黒人が出ず、代わりが先住民(と混血)との確執。父との対立も珍しく、ある工具から不穏な旧作を想起したが、案外穏やかに幕。

2019/12/01

GO-FEET

冒頭読み間違えてしまい、途中で軌道修正しものの、最後までもやもやした感じのまま読み終えてしまった。ちょっと残念……

2018/12/12

感想・レビューをもっと見る