読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

実験犬シロのねがい―捨てないで!傷つけないで!殺さないで! (ドキュメンタル童話シリーズ犬編)

実験犬シロのねがい―捨てないで!傷つけないで!殺さないで! (ドキュメンタル童話シリーズ犬編)

実験犬シロのねがい―捨てないで!傷つけないで!殺さないで! (ドキュメンタル童話シリーズ犬編)

作家
井上 夕香
葉祥明
野上 ふさ子
出版社
ハート出版
発売日
2001-03-09
ISBN
9784892952432
amazonで購入する

実験犬シロのねがい―捨てないで!傷つけないで!殺さないで! (ドキュメンタル童話シリーズ犬編) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

くろにゃんこ

児童書でした(^^ゞしかしながら子供だけでなく大人にも読んでほしい目を背けたくなる事実です。病院での実験に使うために繁殖される犬。保健所から実験用に買われる犬・・・猫、うさぎ、マウスと医療の進歩のための実験とはいえ小さくても命、仕方ないとは思えません。子供たちにはこの本を読むことで動物を飼うことの責任の大きさをしっかり受けとめてほしい。

2015/02/19

hundredpink

むごい、グロイでもそれが現実。目をそらしてはならない。

2016/09/14

かいゆう

児童書ですが、現実がしっかり書かれています。ある国立病院で、実験するだけしておいて手当てもせず放置…。実話だそうで、画像を見てみましたが、酷いです。でも飼い犬や猫を捨てる人が悪い、酷い実験、酷い扱いをする実験施設が悪い…だけではない。自分を含め、動物を飼う人間がいること、わたしたちが日常で使う物の為に、多くの動物が犠牲になっているんだろうなという現実を突きつけられました。

2015/04/16

はむちゃん

実験犬になったシロは、実験させられて、でも手当てをしてもらえなくて…そんな犬はたくさんいるという事を初めて知りました。とてもかわいそうだけど、でもそんな犬を作っているのも私たち、人間…。シロはさやかさんに助けてもらえたけど、他にも助けてもらうまえのシロみたいないぬが一日にたくさん死んでいる。そんな犬たちを助けたいと思いました。

2015/05/16

Bell

読んでいる間、涙が止まりませんでした。 普段生きているだけでも食べたりして命を頂いているのに、さらに自分たちの欲だけのためにこんなことしていいのかと思いました。  哲学者が言っていた「人間が一番偉い云々…」なんて言葉は嘘だと思います。 この本はすべての人に読んでもらいたいです。

感想・レビューをもっと見る