読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!

作家
長尾 和宏
丸尾 多重子
ヨシタケシンスケ
出版社
ブックマン社
発売日
2014-02-07
ISBN
9784893088147
amazonで購入する

ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぱんにゃー

【”もっと”が問題で、”徐々に”は自然】 『「ボケたらさっさと施設に入れてくれ」は愛ゆえか?それともエゴか?  親のエゴです(まるちゃん)』 へい。 / 『わかってるんだか、わかってないんだか……そんなのどっちでもいい。 これで、いいやん。これの何がいけないんだ?(長尾先生)』 へい。 私もそう思います。 /(違う考えの人もいるでしょ。 へい。)

2016/03/04

エッちゃん

本の見出しが目について読んで見ました。対談形式で読み易かったのですが、感想となると、重い問題なので難しい。この本を読まなくても、見出しだけで、親が施設に入所されている家族の方は心配になり、入所を考えている方は不安になると思う。これからも高齢者の方が増え続け、施設がどんどん建てられても、介護する専門職の方が少ない・・・理想的な介護から遠のいていくのではないか、これから先を真剣に考えていかないと大変だと思います。

2014/04/19

なにょう

病状・経済状況・家の構造・介護者の状況などなどから在宅が良い場合もあれば、施設入居の方が良い場合もある。でもいずれにせよ誰かに任せっぱなしは良くない。★呆けたとしても味覚は残っている。一見不可解な行動も不安からくるものだったり。頭の中では現役バリバリだったり。行動を否定するでなく、まずはちょっと付き合ってみる。言うは易し…★やはり施設に頼らざるを得ない人は多いと思う。だとしても、マニュアル通りじゃない、人としてちゃんと「食事・排泄・移動」が行えるような空間であるように。

2017/04/21

G-dark

施設見学のポイントとして「アポなしで突撃してみる」が挙げられています。これは本当におすすめ。アポなし見学NGの施設には、いつ誰が見学に来るか対策しておかないとまずい何かがある。また、「利用者のほとんどが車椅子で過ごしているところはNG」なども読んでいて大いに頷けました。第11章のタイトルにも頷けました。そのタイトルは「ばあちゃん、じいちゃんをブロイラーではなく地鶏にしよう! 放牧介護のすすめ」。上手いなぁー!ブロイラーみたいに閉じこめるのは良くない。あくまでも放牧、であって、介護放棄とは違うのがポイント。

2017/05/16

みち

年老いた親を持つ身として、いろいろ考えさせられた。介護をされる方にもする方にも、何がよりよい方法なのか、もっと真剣に考えたほうがいいなと思った。

2014/02/28

感想・レビューをもっと見る