読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

家族よ、ボケと闘うな! 誤診・誤処方だらけの認知症医療

家族よ、ボケと闘うな!  誤診・誤処方だらけの認知症医療

家族よ、ボケと闘うな! 誤診・誤処方だらけの認知症医療

作家
長尾 和宏
近藤誠
出版社
ブックマン社
発売日
2014-12-17
ISBN
9784893088345
amazonで購入する

家族よ、ボケと闘うな! 誤診・誤処方だらけの認知症医療 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mari

認知症とは左脳人間が右脳人間になることじゃないかという、長尾先生の意見は記憶にとどめたい。また中核症状(記憶障害など直接脳にかかわる症状)と周辺症状(妄想、徘徊、暴言、暴力など日常生活に現れる困った症状)のどちらを重視するかによって薬への依存が変わりそうだ。忘れたっていいじゃないか、楽しく暮らせているなら。そう考えると肩の力が抜ける人も多いのではないかな。

2015/04/27

ミキベル

尼崎で町医者をしている長尾先生と介護界のカリスマ役人と言われる近藤誠さん。(がんと闘うな!の近藤先生かと思ったら別の方でした。)二人が往復書簡という形で17のテーマを話す。考え方、方向性は一緒でも、医師か役人かで立場の違いがはっきり出る所もあり面白く読めた。認知症が怖いのも困るのも、本人ではなく家族、というのは図星。ボケと闘うな!薬を過信せず、放置もあり。参考になる事も多いが実践するのも勇気がいるなあ。シンプルに認知症も理解され住みやすい世の中になるのが一番なんだけど…。

2015/03/01

nappa

はっとさせらせるところも、共感できるところも、よくわからないところもあった。一番共感したのは、解説のなかの「親が最後にできる『子育て』は、老いゆく姿、死にゆく姿を子ども達、孫達に見せること」という言葉。

2015/03/28

Kenji Nakamura

とても面白い!介護職は読むべき!

2017/07/29

Muronoa Zono

聖徳太子の17条の憲法。 介護と医療は、「和を持って貴しとなす」。

2017/09/10

感想・レビューをもっと見る