読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東大医学部

東大医学部

東大医学部

作家
和田秀樹
鳥集 徹
出版社
ブックマン社
発売日
2020-09-16
ISBN
9784893089335
amazonで購入する

東大医学部 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Prince of Scotch

再読。「東大医学部が、国家試験の合格率55位の謎」(114ページ以降)はかねてより疑問に思っていたことだったので、鳥集氏と和田氏のお話でその謎はほぼ氷解された。医師国家試験に合格しないと医師になれないわけだから、私立医学部は試験対策に特化したカリキュラムを組んだり、医師国家試験予備校に通わせたりと「痒いところに手が届く」手厚い指導をしているのだろう。頭脳明晰な学生が多い国公立名門医学部ほど国家試験対策は無頓着そうだ。しかも、医師国家試験は大量な丸暗記が主だから、思考力が必要でない詰め込み学習を(続)

2021/03/14

神谷孝信

要は東大医学部卒の筆者だから言える、肩書きや名誉より、楽しく生きた者勝ちとのこと。4

2020/12/06

Kichitaro Horikoshi

「受験でトップを獲れる才能のある人が、こぞって東大医学部を目指すなんて、バカなんじゃないの?」 この言葉からこの本ははじまります。 理由は、東大医学部に入って医師になったとしても、高い臨床技術やコミュニケーションカがなければ、かえって他大学出身の優秀な臨床医にバカにされるだけだからです。 それより、その優れた頭脳を日本や世界の発展、革新のために使った方が本人にとっても、世界や日本にとってもどれだせ有意義でしょうか。

2020/11/18

あらびっくり

偏差値日本一の東京大学医学部について、せっかく苦労して入学できても教育がダメダメでせっかくの才能が潰されていく状況ついて対談形式で記載された本です。昔から、なぜ偏差値日本一である東大医学部の医師国家試験合格率が50位以下なのか不思議でしたが、この本を読んで分かりました。また、ノーベル賞の輩出大学として京都大学に後れをとる東京大学ですが、少ない東京大学出身者における受賞のなかでさらに一人もノーベル賞受賞者を輩出していないのが医学部なのだそうです。この状況は日本にとって憂慮すべきことなのではないでしょうか。

2020/11/14

感想・レビューをもっと見る