読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木がずらり

木がずらり

木がずらり

作家
tupera tupera
出版社
ブロンズ新社
発売日
2011-02-01
ISBN
9784893095060
amazonで購入する

ジャンル

木がずらり / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

浅葱@

言葉の語尾に「り」がつくつながり。ちゃんと物語になっていることがすごい!蛇腹の反対側は静かな世界。まさしく絵本になっていて、どちら側も楽しめます。

2014/07/01

ヒデミン@もも

tupera tupera展覧会。お二人の初めての絵本らしいです。完璧なできなのに知らなかった。芸術的でもあるし、言葉もずらり。そして、裏側は夜。これも欲しい。絵葉書買ってきたから飾る。

2018/03/17

momogaga

【大人こそ絵本を】美術館本。前回は高原のリゾート地で森の緑とかぜを感じて読んだことを思い出しました。今回は静謐な資料館で・・今回はよるの森が印象に残りました。次回は夜の森を眺めながら読みふけりたいですね。

2017/08/27

momogaga

【大人こそ絵本を】蛇腹折りの絵本は楽しめる。足柄の新緑の中で読んだこともアクセントになります。5月の風がきもちいい。

2016/05/01

mntmt

細かいところも手作り。切って貼って、使用する紙にもこだわりがあるのがわかる。もうすっかりtupera tuperaさんのファンになりました!

2017/09/16

感想・レビューをもっと見る