読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

このあと どうしちゃおう

このあと どうしちゃおう

このあと どうしちゃおう

作家
ヨシタケシンスケ
出版社
ブロンズ新社
発売日
2016-04-22
ISBN
9784893096173
amazonで購入する

ジャンル

「このあと どうしちゃおう」の関連記事

ピース又吉「自分がどう思ったかを大事にして」 “こどもの本”総選挙1位『ざんねんないきもの事典』を選んだ小学生のかわいい理由

子どもプレゼンターのみなさんとアンバサダーを務めたピース又吉さん

 5月5日のこどもの日、「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」が荒川区立図書館「ゆいの森あらかわ」で開催され、12万人の子どもたちが選んだベスト10が発表された。

絵本に囲まれたゆいの森ホール 投票者である子どもプレゼンターが、選ばれた本の著者に表彰状を渡すという微笑ましい表彰式となった。また今回アンバサダーを務めた、芥川賞作家で芸人のピース又吉直樹さんの本にまつわるトークや、子どもたちからの「おしりをださずに笑わせる方法」や「綾部さんとコンビを組んだきっかけ」などの質問に又吉さんが答えるシーンもあり、注目を集めた。

 なお、発表されたベスト10の本は下記の通り。

1位 『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』今泉忠明:監修 2位 『あるかしら書店』ヨシタケシンスケ:著  3位 『りんごかもしれない』ヨシタケシンスケ:作 4位 『おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典』今泉忠明:監修 5位 『おしりたんてい かいとうVSたんてい』トロル:作・絵 6位 『お…

2018/5/7

全文を読む

12万人の小学生が選んだ“こどもの本”総選挙 1位『ざんねんないきもの事典』今泉忠明さんインタビュー

 全国の小学生が選ぶ「こどもの本総選挙」(ポプラ社主催)で見事1位に選ばれたのは、『ざんねんないきもの』(高橋書店)。動物園で人気の動物や百獣の王ライオンにだって「ざんねん」な一面がある。面白い着眼点が人気となって、子どもだけでなく、大人のみなさんも、目にしたり耳にしたりしたことがあるのではないだろうか? 本作の監修をつとめた動物学者の今泉忠明さん興味深い話を伺うことができた。

■“最近の子どもたちが本を読まなくなった”はウソ

――『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』と『おもしろい! 進化のふしぎ 続・ざんねんないきもの事典』が、シリーズ177万部を突破してまだまだ売れ続けています。この大ヒットをどんなお気持ちで受けとめていますか?

今泉忠明さん(以下、今泉) こんなに売れるなんて、想定外でした。私が今まで出した本で一番売れたのは1万8000部で、日本には動物好きがそのぐらいの人数しかいないと思っていましたから。切り口さえ面白ければ、動物に興味を持つ人がたくさんいることがわかって嬉しいですね。一方で、「動物のことは、こんなにも知られ…

2018/5/5

全文を読む

関連記事をもっと見る

このあと どうしちゃおう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

今一番旬の絵本作家ヨシタケシンスケ、4作目です。今週の王様のブランチのBEST10にもランクインしていました!こんな面倒臭いおじいちゃんがいたら実際は厭ですが、死、死生観を考えさせる一冊!死をポジティブに捉えていて、子供に楽しく学ばせるには最適です。今回はブルーが大変印象的でした。

2016/05/07

zero1

死から始まる物語。正面から死を描いたヨシタケ流、哲学絵本。じいちゃんの死後に見つかったノート。じいちゃんは、どんな気持ちで何を書いたのか。死後の世界はある?天国と地獄はどうなっている?地獄の一日は、当たっているのかもしれない(後述)。生きることと死ぬこと。この世に生きるすべての生き物が経験するのに考えることは少ない。死を想うからこそ、人は生きていることを実感し明日に生かせる。子どもはもちろん、大人も読んで深く思考する。読んで損のない一冊。

2020/05/06

小梅

ヨシタケさんにかかると、おじいちゃんの死さえも明るく楽しくなります。おじいちゃんの映画「The Life of Grandpa」のポスターが素敵です(^_^*)

2016/05/01

舟江

おじいさんの死を通して、本人の生を考えさせる着眼点の素晴らしい本であった。子供に恐怖を与えないで、死を理解させることは、難しいと思う。

2017/04/06

takaC

そらをとぶれんしゅうをしている孫を「かぜでクルクルまわるビニールブクロになって」みまもっているおじいちゃん、ナイス。

2016/08/08

感想・レビューをもっと見る