読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

随縁つらつら対談

随縁つらつら対談

随縁つらつら対談

作家
釈徹宗
池上彰
大村 英昭
井上雄彦
玉岡かおる
みうらじゅん
香山リカ
西山 厚
駒澤 勝
杉本 節子
伊東 乾
篠原ともえ
二木 てるみ
天岸 浄圓
出版社
本願寺出版社
発売日
2016-11-01
ISBN
9784894160453
amazonで購入する Kindle版を購入する

随縁つらつら対談 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

西

どの対談も面白かったのだけど、特にみうらじゅんさんとの対談が良かった。難しく語ることが必要な場合もあるけど、わかりやすく語ることが大事な場合もある。みうらさんと釈さんが語る仏教の話はすーっと入ってきて、わかりやすく、共感できた。「ご機嫌作戦」は大事だなと思う。今まで自分は出来ていないけど・・・。みうらじゅんさんの本を読んでみようと思ってまず一冊買ってみるきっかけになった

2019/06/09

dosurasan

随縁つらつら対談 最初の池上彰の対談がよかった。彼の友人が亡くなった時、友人の奥さんがなんと葬式など一切しないという。それでは「収まりがつかない」ということで池上彰ら友人有志で遺影を用意して葬式ならぬお別れ会をしたそうだ。葬式は残された人のためにあるという話は本当だなと思った。

2017/05/11

hayatama

釈先生が、だんじりエディターや哲学する武道家や仏教する精神科医などなど濃い面々との対談、鼎談などを見事にこなしておられるのを見て(読んで)きて、この方って「猛獣使い」やなぁ、と思っていた。で、本書を読んで、違う、この方は傾聴する方なんや、と実感した。ご自身、僧侶としてはかなりトンガッたところをお持ちなのに、お家を訪ねてきて、なんとなく世間話をしているうちに、相手の心の奥底にあるものをあっという間に引き出してしまう。なんや、月忌参りのお坊さんやがな。(お坊さんですw)個人的にはみうらじゅんとの対談がよかった

2016/11/08

感想・レビューをもっと見る